芸能界

【安倍晋三】暗殺説なのか?ヤラセなのか?この事件の裏に隠されたものは?

今回は、2022年7月8日におきた安倍晋三銃撃事件が

実はヤラセだったのではないかという声が相次いでいますので真相を確かめていきたいと思います。

日本では、大きな事件や芸能人の結婚のときに裏では何か事件が起きているという事が多いのでそのことがないのかという事もやっていきましょう。

 

 

この記事で分かること

  • 安倍晋三暗殺説なのか?
  • ヤラセなのか?
  • この事件の裏に隠されたものは?

 

 

この3点を中心に話をしていきたいと思います。

 

ではやっていきます!

 

 

【安倍晋三】暗殺説なのか?ヤラセなのか?この事件の裏に隠されたものは?

 

まずは、安倍晋三のこれまでの実績と経歴を軽く紹介しておきます。

もしこれが本当に本人でなくなってしまうのであれば、教科書などにも載ることでしょう。

 

 

安倍晋三プロフィール

 

安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年昭和29年〉9月21日 – )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(10期)、清和政策研究会会長(第10代)、自由民主党憲法改正実現本部最高顧問ナザルバエフ大学名誉教授

内閣総理大臣第90969798代)、自由民主党総裁(第21・25代)、自由民主党幹事長(第41代)、内閣官房長官第72代)、自由民主党幹事長代理、内閣官房副長官等を歴任した。

 

生年月日 1954年9月21日(67歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都新宿区
出身校 成蹊大学法学部卒業
前職
所属政党 自由民主党安倍派
称号 法学士(成蹊大学、1977年)
配偶者 安倍昭恵
親族

 

日本の旗 第96 – 98代 内閣総理大臣
内閣 第2次安倍内閣
第2次安倍改造内閣
第3次安倍内閣
第3次安倍第1次改造内閣
第3次安倍第2次改造内閣
第3次安倍第3次改造内閣
第4次安倍内閣
第4次安倍第1次改造内閣
第4次安倍第2次改造内閣
在任期間 2012年12月26日 – 2020年9月16日
天皇 上皇(明仁)
今上天皇(徳仁)

日本の旗 第90代 内閣総理大臣
内閣 第1次安倍内閣
第1次安倍改造内閣
在任期間 2006年9月26日 – 2007年9月26日
天皇 上皇(明仁)

日本の旗 第72代 内閣官房長官
内閣 第3次小泉改造内閣
在任期間 2005年10月31日 – 2006年9月26日

内閣 第2次森内閣
第2次森内閣 (改造 中央省庁再編前)
第2次森内閣 (改造 中央省庁再編後)
第1次小泉内閣
第1次小泉第1次改造内閣
在任期間 2000年7月4日 – 2003年9月22日

選挙区 旧山口1区→)
山口4区
当選回数 10回
在任期間 1993年7月19日 – 現職

その他の職歴
Liberal Democratic Party (Japan) Emblem.jpg 第25代 自由民主党総裁
2012年9月26日 – 2020年9月14日
Liberal Democratic Party (Japan) Emblem.jpg 第21代 自由民主党総裁
2006年9月20日 – 2007年9月23日
Liberal Democratic Party (Japan) Emblem.jpg 第41代 自由民主党幹事長
(総裁:小泉純一郎
2003年9月 – 2004年9月

 

こうやってみると、本当にすごい成績を残した元首相でした。

 

 

安倍晋三暗殺説は本当なのか?

 

まず今回の件で、知っておきたいことは準備がされていたことなのではないかという事です。

 

順番に説明していきます。

 

 

周りのSPは買収済みか。

 

そもそもSPというのは何があっても守るという事が仕事です。

このSP達は、買収されていたという事が言われています。

 

犯人が銃撃をしたのが安倍晋三から3mのところ。

SPが安倍晋三を守っているところが1.5m。。。

安倍晋三の360度見ています。

 

この状況下で、守ることが出来ないのは無能すぎます。

普段訓練などを行っているSPが、この状況で守ることをできないのは何かしらの理由があるからでしかないのです。

 

 

SPの本来の仕事は?

 

「SP」は「セキュリティ・ポリス」の略称で、SPを題材にしたテレビドラマなどを目にしたことがある人も少なくないでしょう。

しかし、その言葉の使われ方はやや曖昧で、警察組織の一部署で働く人を指すこともあれば、民間警備会社のボディガードなどを指すこともあります。

警察官のSPは、東京にある警視庁警備部警護課に所属する警察職員で、要人警護を行うことが役割です。

 

 

 

 

通常、複数人でチームを組み、無線機などを使って連絡を取り合いながら、近づいてくる不審者などに気を配り、要人のいる車内、室内、建物内の安全確保に努めます。

武器としては特殊警棒やけん銃、防具としては折り畳み式の防弾盾を携帯していることが一般的です。

一方、民間のSPは、警察官とは違って警棒やけん銃などの武器を携帯することや、有事の際の緊急走行などは認められていません。

不審者や危険人物などに対しては、己の身を挺して守ることになります。

警察官SPが警護を行う対象と、民間企業で働くSPは、対象に違いがあります。

 

 

 

 

警察官は、配属部署や自身の希望などに関係なく、全員が逮捕術やけん銃操作、柔道や剣道などの武道を習い、日常的に心身の鍛錬に努めます。

しかしSPは、ほかの警察官よりもはるかに高いレベルで、逮捕術、射撃スキル、格闘能力を備えていることが必須条件です。

 

SPを目指すなら、これらの訓練には人一倍熱心に取り組む必要があるでしょう。

また、民間のSPを志望する場合は、武器に頼ることができない分、格闘能力の重要性がより高まります。

 

 

 

 

SPになる前も、なった後も、恒常的に厳しいトレーニングを己に課して、有事の際は相手を制圧できるだけの体力、筋力、技術を身につけることが必要です。

さらに、肉体面以外についても、危険をいち早く察知する観察力や、どんなときでも冷静に行動できる精神力、そして何より、いざというときに自分の身を投げ出せる勇気が求められるでしょう。

 

 

安倍晋三の銃撃ニュースはもうすでに投稿されていた。

 

ニュースの記事などの投稿を時間などを見ると、

二日前などの投稿がたくさんありました。。。

 

確認した日にちを当日の2022年7月8日です。

 

過去に既に銃撃事件のニュースを投稿していたのです。

先に準備していたと思うとSPの行動も納得がいきます。

 

 

ヤラセの可能性もありますし、もしかしたら安倍晋三の海外移住計画のシナリオの可能性もあります。

 

今では、今銃撃された安倍晋三はクローンという声もあります。

志村けんのように、死んだというニュースを流して実は、別のところで生きているという事です。

あれだけ多くの人に批判されていて、住みにくい日本。

もう海外での生活を送っていけるほどの資金が準備できたのであれば自作自演という事も考えられるでしょう。

 

 

中国が安倍晋三を狙っていた

 

 

 

中国外務省によりますと、1日夜、華春瑩次官補が北京駐在の垂秀夫大使を呼び、安倍氏の発言に抗議しました。

華次官補は「安倍元総理大臣の台湾問題をめぐる極めて誤った発言は、中国の内政に乱暴に干渉し、中国の主権を公然と挑発している。断固として反対する」などと述べたということです。

一方、北京の日本大使館によりますと、垂大使は、台湾をめぐる状況についての日本国内の考え方を中国としても理解する必要があると指摘したうえで「中国側の一方的な主張は受け入れられない」と反論したということです。

中国外務省が垂大使を呼んで抗議したと公表したのは、ことし4月以来で、中国側は、元総理大臣の安倍氏の発言に神経をとがらせています。

また汪報道官は「いかなる人であろうと、国家の主権と領土を守るという中国人民の強い決意と強大な能力を見くびってはならない。中国人民のゆずれない一線を越えようとするならば、必ずやみずから頭をぶつけて血を流すことになるだろう」と警告しました。

 

 

安倍晋三銃撃はヤラセ?

 

写真にもあるように、銃撃を背面から食らったときに

血の量はこのくらいでは済みません。。。

首への銃撃と、左胸への銃撃。

 

首には太い血管がありますので、もし撃たれた場合にはこれだけの出血では済まないのです。

 

このことから今回の事件はヤラセだということが言えます。

一発目を打たれた時もSPは動いていませんし

二発目の時にでさえ時間が空いていたのにもかかわらず守ることが出来なかったのは、

守る気がなかったという風にしかとらえることが出来ませんね。。。

 

 

Wikipediaには前日から死亡日が登録されてた

 

Wikipediaはすでに編集されていますが、

前日から死亡日が登録されていました。。。

 

謎過ぎる。

この事件の裏で隠したいことが何なのか

探っていきましょう。

 

 

この事件の裏に隠されたものは?

 

 

 

2012年12月に発足して8年近く。思えば、長い長い時間だった。諦めや無力感を植え付けられるような、反対意見を言えば「晒し者」にされかねないような、常にそんな緊張感が頭の片隅にあるような年月だった。ということを、終わって初めて、意識した。自分はどれほど萎縮していたのか、8月28日、辞任の会見が終わってしばらくして、改めて感じた。

さて、第二次安倍政権が真っ先に手をつけたのが「生活保護基準引き下げ」だったことは、この連載でも書き続けてきた通りだ。もっとも貧しい人の生活費を下げるという決断は、「弱者は見捨てるぞ」という政権メッセージのようにさえ思え、貧困問題に取り組む私は発足そうそう、足がすくんだのを覚えている。

 

 

【安倍晋三】暗殺説なのか?ヤラセなのか?この事件の裏に隠されたものは?まとめ!

  • 暗殺ではなく自作自演だった可能性
  • 血の量とSPの動きがあまりにも不自然
  • 志村けんのように顔バレし過ぎている人間専用の場所への移住
  • この事件を起こすことによって隠せるものがある
  • 秘密裏に動いていた中国の闇

 

 

【志村けん生存説】その証拠動画・画像を発見!?真実を知る準備はいいか!今回は、コロナの影響でお亡くなりになられたといわれている志村けんさんの生存説についてやっていきます! 実際に、死んだ姿を誰も見てい...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です