芸能界

【Koki】付き人を母にした理由はスタッフへの威圧か?現場の声は?

今回は、女優として挑戦しているKokiが母を付き人にしているということが世間やネットで話題になっていますので、そのことについてやっていきましょう!

 

  • Koki付き人を母にした理由はスタッフへの威圧か?
  • 現場の声は?
  • Kokiの世間の声をチェック!

 

この3点を中心に話をしていきます!

 

ではやっていきましょう!

 

Koki付き人を母にした理由はスタッフへの威圧か?現場の声は?

 

6月下旬の朝9時前、横浜市内のマンション前に高級車が止まった。運転しているのは工藤静香(51)、助手席に座っているのは次女のKoki,(18)だ。この日は、Koki,が華々しく女優デビューを飾る主演映画『牛首村』のクランクイン当日だった。

 

「ホラーの巨匠・清水崇監督がメガホンをとる話題作です。監督は『ミステリアスな存在感と物怖じしない物腰』を感じ、演技未経験ながらKoki,さんをヒロインにしたそうです」(映画誌ライター)

 

 

実は静香は、2年ほど前から次女を女優デビューさせようと、周囲に相談していたという。

 

付き人を母にした理由はスタッフへの威圧か?

「世界を視野に娘たちをプロデュースしている静香さんが今作をデビュー作に選んだのは、米国をはじめ海外で人気が高いジャパニーズホラーで、ハリウッドにパイプを持つ清水監督だったからだそうです」(映像関係者)

 

娘を現場に連れてきた静香だが、初日だけではないという。

 

 

「静香さんは打ち合わせのときから『毎日、現場に行きます!』と言っていたそうです。それを知った関係者は戦々恐々。

一気に『静香さんが毎日来るって!!』と噂が広がりました」(映画関係者) 最高視聴率25.5%を記録した月9『世界で一番君が好き!』(フジテレビ系)などで“トレンディ女優”としても活躍した静香としては、娘の女優デビューを手助けしたいという母心なのだろうか。

 

車を駐車すると、静香がかいがいしく荷物を持ち、Koki,は控室へ。

ほかの同行者はおらず、“マネージャー代わり”の静香は首からかける携帯型空気清浄機を身につけ、手厚いコロナ対策も。

怖いです。。。(笑)

 

現場の声は?

やがて着替えやメークをすませたKoki,が、控室から現場へ移動。ピッタリ寄り添った静香も、一緒に撮影現場に入っていった。

 

「最初はどうなるか心配しました。でも、静香さんは何も口を出さず、端っこで様子を見守るだけ。現場のスタッフに気を使ってくれて、みんな拍子抜けです。ただ、現場にいるだけでも存在感は半端ないのですが……」(前出・映画関係者)

 

 

この日の撮影は、夜10時過ぎまで続いたが、静香は最後までKoki,に付き添っていたという。

 

「撮影は地方ロケを含め8月上旬まで予定されています。北陸でいちばん有名な心霊スポット・牛首トンネルなどでも撮影予定です。ここは、地元の人も恐れて夜は絶対に通らないようにしているほど。地方ロケにも遠路はるばる工藤さんはKoki,さんに同行するようです」(前出・映画関係者)

 

スタッフには、最恐心霊スポットより「最強の姉御」静香が地方ロケにまで来るほうが怖い!?

 

 

やりにくくて仕方ないと思いますね。。。

 

【Koki】実は工藤静香の操り人形だった?すべて巧妙に仕組まれていた。今回は、木村拓哉と工藤静香の娘でもあるKokiが主演映画を務めるという事が世間やネットで話題になっていますので、そのことについてやってい...
【Koki】主演映画の演技が下手糞すぎる?世間の声をチェック!今回は、Koki主演映画が決まったということでその演技力や親の力だなどの事が世間やネットで話題になっていますので、そのことについてやって...

 

Kokiの世間の声をチェック!

 

今でも賛否両輪の声が飛び交っていますね。

 

Koki付き人を母にした理由はスタッフへの威圧か?現場の声は?まとめ!

  • スタッフも相当やりにくい。
  • 正直邪魔ですね。。。
  • 今後の活躍にも期待!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。