芸能界

【門脇麦】金子大地との出会いにきっかけは?ベッドシーンに抵抗は?

今回は、門脇麦と金子大地が交際をしていたという事が世間やネットで話題になっていますので、そのことについてやっていきましょう!

 

  • 門脇麦と金子大地の出会いのきっかけは?
  • ベッドシーンに抵抗は?
  • 門脇麦の世間の声をチェック!

 

この3点を中心に話をしていきます!

 

ではやっていきましょう!

 

門脇麦、金子大地との出会いのきっかけは?ベッドシーンに抵抗は?

 

女優門脇麦(28)と俳優金子大地(24)の交際を、今日18日発売の写真週刊誌「フライデー」が報じた

 

同誌には、駅のホームで電車を待つツーショットや、門脇が金子の自宅に向かうとみられる写真などが掲載されている。きっかけは、今春の舞台「パンドラの鐘」での共演だとしている。

 

 

交際について、門脇の所属事務所は「プライベートのことは本人に任せております」、金子の所属事務所も「プライベートは本人に任せています」とコメントしている。

 

金子大地との出会いのきっかけは?

野田秀樹作、熊林弘高演出の舞台「パンドラの鐘」。

 

 

古代と太平洋戦争前の日本、2つの時代を行き来する傑作。出演は門脇麦、金子大地、緒川たまきほか。東京芸術劇場。

野田秀樹が1999年に書いた戯曲「パンドラの鐘」。

古代と太平洋戦争前の日本、2つの時代を行き来きし、日本人のアイデンティティーに迫る伝説的な作品。気鋭の演出家・熊林弘高が独自の解釈で新たに演出した舞台を送りする。【出演】門脇麦(タマキ/ヒメ女)、金子大地(オズ/ミズヲ)、松尾諭(カナクギ教授/狂王)、緒川たまき(ピンカートン未亡人/ヒイバア)ほか。東京芸術劇場シアターイースト 2021年4月

【出演】門脇麦,金子大地,松尾諭,柾木玲弥,木山廉彬,長南洸生,八条院蔵人,松下優也,緒川たまき,野田秀樹

 

 

野田秀樹作、熊林弘高演出の舞台「パンドラの鐘」。古代と太平洋戦争前の日本、2つの時代を行き来する傑作。出演は門脇麦、金子大地、緒川たまきほか。東京芸術劇場。

野田秀樹が1999年に書いた戯曲「パンドラの鐘」。古代と太平洋戦争前の日本、2つの時代を行き来きし、日本人のアイデンティティーに迫る伝説的な作品。気鋭の演出家・熊林弘高が独自の解釈で新たに演出した舞台を送りする。【出演】門脇麦(タマキ/ヒメ女)、金子大地(オズ/ミズヲ)、松尾諭(カナクギ教授/狂王)、緒川たまき(ピンカートン未亡人/ヒイバア)ほか。東京芸術劇場シアターイースト 2021年4月

これが出会いのきっかけだそうです!

 

ベッドシーンに抵抗は?

 

 

金子大地のプロフィール

生年月日 1996年9月26日(24歳)
出生地 日本の旗 日本北海道
身長 179 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台CM
活動期間 2014年 –
事務所 アミューズ

 

 

 

2014年10月13日、アミューズが主催する『アミューズオーディションフェス2014』にて、俳優・モデル部門を受賞しデビューする

2015年3月3日、テレビドラマ『カサネ』にて、室江田健二役でテレビドラマ初出演。同年7月8日、CM『日本大学』にて、CM初出演。

2016年5月7日、映画『64-ロクヨン- 前編』にて、少年(歌澄の彼氏)役で映画初出演。

2019年1月14日、配信ドラマ『タスクとリンコ』にて、門代佑役で配信ドラマ初主演。同年4月20日、テレビドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』にて、安藤純役でテレビドラマ初主演を務め、同年8月2日、第16回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 新人賞を受賞する

2020年2月14日、舞台『彩の国シェイクスピア・シリーズ第35弾「ヘンリー八世」』にて、トマス・クランマー役で舞台初出演。同年7月1日、雑誌『Men’s PREPPY』2020年8月号にて、初めて雑誌の単独表紙を飾る。

2021年6月4日、映画『猿楽町で会いましょう』にて、小山田修司役で映画初主演を務める

 

これからの活躍にも期待できます!

 

門脇麦の世間の声をチェック!

 

かなりの話題を呼んでいますね!

 

門脇麦、金子大地との出会いのきっかけは?ベッドシーンに抵抗は?まとめ!

  • 仕事だから割り切れるのかということですね。
  • 出会いのきっかけはパンドラの鐘
  • 今後の活躍にも期待!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です