その他

【恋はDeepに】第8話感想と考察!今回での追加キャストはいる?

今回は、ドラマ恋はDeepに第8話が公開されましたので、その感想と考察!についてやっていきましょう!さらに今回放送された第8話での追加キャストはいる?のかという事も紹介していきます!

 

  • 恋はDeepに第8話感想と考察!
  • 恋はDeepに第8話での追加キャストはいる?
  • 恋はDeepに第8話の世間の声をチェック!

 

この3点を中心に話をしていきます!

 

ではやっていきましょう!

 

恋はDeepに第8話感想と考察!今回での追加キャストはいる?

 

恋はDeepに』(こいはディープに)は、2021年4月14日から日本テレビ系「水曜ドラマ」で放送されている徳尾浩司・脚本によるテレビドラマ。主演は石原さとみ綾野剛

 

「恋はDeepに」の第8話は、人魚の伝説通り倫太郎に不幸が襲いかかります。

 

 

蓮田家のお家騒動により、星ヶ浜のリゾート開発計画は白紙に戻り、幼い頃からの夢だった海中展望タワー建設が中止になってしまいます。

 

第8話感想と考察!

倫太郎(綾野剛)の腕の中で意識を失った海音みお(石原さとみ)!倫太郎は鴨居(橋本じゅん)を頼り、古くからの知り合いだという病院に海音を運ぶ。しかし海音が目を覚ました時、倫太郎の姿は消えていて……。
海音が意識を失っている間、倫太郎は、『海音とはもう関わらない』という約束を鴨居と交わしていた。自分のせいで海音が無理をし、命を危険にさらしていることを知った倫太郎は、自ら身を引く決意をしたのだった。そうとは知らず、自分と距離を置く倫太郎に切ない思いを抱く海音。
蓮田トラストでは榮太郎(渡邊圭祐)が取締役に就任。星ヶ浜のリゾート開発計画を白紙に戻すことを発表する……!
そんな中、鴨居は、海音の経歴をめぐって教授会で説明をすることに。それを知った海音は「本当のことを話したい」と訴えて……。運命の教授会は翌日に迫っていた……!

がっつりキスもして、すっかり恋仲になった美音(石原さとみ)と倫太郎(綾野剛)。ふたりで歩くときもしっかり恋人つなぎ。普通のラブコメならハッピーエンドだけど、まだいろいろ問題は残っている。簡単に整理してみよう。
一つ目は星ヶ浜の開発問題。倫太郎が開発プロジェクトに復帰したから、環境に配慮した開発になるだろうし、美音も理解を示しはじめているようだが、海中展望タワーを作れば海の環境が激変するのは明らか。説得力を持たせるのはなかなか大変そう。
二つ目は美音の経歴問題。大学側からは、美音を解雇しなければ鴨居研究室を潰すと脅されてしまった。光太郎(大谷亮平)も本格的に美音の正体を探りはじめた。
三つ目は榮太郎(渡邊圭祐)の闇落ち問題。もともと倫太郎と光太郎の兄弟の争いをやめさせるために会社乗っ取りに手を貸していたのだが、明らかに目の感じがおかしくなりつつある。彼なりに考えて疲れてしまっているようだ。藍花(今田美桜)は彼の闇落ちを止めることができるのだろうか?
そして最後に、美音がもう地上にいられない問題。どう考えてもこれが一番大きな問題である。ついに足を押さえて苦悶するようになってしまった。
こんなに解決しなければいけない問題があるのに、我々はなぜ染谷(高橋努)の女装姿を見ているのだろう……。それはともかく、石原さとみが困っているところにシャーッと車を乗り付けて助ける綾野剛のような人生を送りたかった(もしくは今田美桜とキャッキャする人生)。
倫太郎と美音がデートで出かけるのは東京ドームシティアトラクションズ。ジェットコースターの「サンダードルフィン」に美音が載ってワー!(ドルフィンだけに)となるかと思ったらならなかった。週刊誌編集長(堀部圭亮)の名前が、『時をかける少女』などに出演した後、出版社の編集者に転身した高柳良一だったのはただの偶然なのかお遊びなのかは不明。
美音は倫太郎と一緒に訪れた博物館に展示されていた人魚の資料に釘付けになる。星ヶ浜には人魚が古くから目撃されていた。美音はその末裔ということなのだろうか。また、人魚は人間を不幸にしてしまうらしい。そして海に戻ろうとした美音の足にウロコが!
もはや「ラブコメ」じゃなくて、どんどんシリアスになっているようだけど、どんなエンディングに向かっていくのか楽しみだ。

また詳しい考察はじっくりと更新していきます。

 

第8話での追加キャストはいる?

恋はDeepに ネタバレあらすじ第8話とキャストや相関図

 

ゲスト

第1話
ミノカサゴ
声 – 高山みなみ
芝浦テレビの水槽で飼われているミノカサゴ。海音から海中展望タワー開発による環境破壊の愚痴を聞かされる。
ハッピー岡田
演 – 吉田ウーロン太(第3話・第7話)
芝浦テレビの情報番組「たそがれTV」の司会者。
米山綾子
演 – 川口果恋(第3話・第7話)
「たそがれTV」のアシスタントをする芝浦テレビの女子アナ。
カニ
声 – 高山みなみ
海音に星ヶ浜の海でダイビングしていた倫太郎がアクシデントに遭っていることを伝える。

 

第2話
デイヴィッド・チャン
演 – 小手伸也
世界的なホテルチェーン「ベンジャミン・スターホテル」の会長兼CEO。星ヶ浜へのホテル誘致を光太郎から交渉される。海中展望タワーの建設が星ヶ浜へのホテル開業の条件としている。
第3話
近江谷遥香(おうみや はるか)
演 – 泉里香(第4話・第6話)
光太郎の元妻
颯太(そうた)
演 – 志田暁(第4話)
光太郎と遥香の息子。
真壁雪乃(まかべ ゆきの)
演 – 堀田真由
ホテル建設予定地とされる星ヶ浜上流の河川周辺の土地所有者。
真壁昭夫
演 – 宮崎吐夢
雪乃の父方の叔父。亡くなった雪乃の父が借金を背負っていたため、「アルデバランリゾート」に土地を売ることを勧める。
アユカケ
声 – 梶裕貴
ホテルの建設予定地とされる星ヶ浜上流の河川に生息するアユカケ。水質調査に訪れた海音に彼女にふられた愚痴を語る。

 

第4話
おばあさん
演 – 川越たまき
スーパーマーケットの客。落とした荷物を倫太郎に拾ってもらった。
第5話
ミズクラゲ
声 – 花澤香菜
星ヶ浜水族館のミズクラゲ。水族館で迷子になったゆりの行き先を海音に教える。
カニ
声 – 花澤香菜
星ヶ浜水族館のカニ。水族館で迷子になったゆりの行き先を海音に教える。
ゆり
演 – 寺田藍月
星ヶ浜水族館で迷子になった幼い女の子。
堤誠一
演 – 越村友一(第6話)
「週刊ホリデー」の記者。論文を発表する海音の経歴について鴨居に確認する取材に現れ、取材を拒否する鴨居ともみ合いになり転倒、負傷したため、鴨居が警察に連行される。蓮田トラストに出入りしており、光太郎の差し金で海音についての取材を行っていた

 

第6話
富浦ふみ
演 – 藤吉久美子
富浦医院の医師。鴨居に付き添われた海音の筋力測定をする。
大橋
演 – 若林久弥(第7話)
芝浦海洋大学の職員。鴨居に海音の経歴を証明する書類の提出を求める。
真田
演 – 山田明郷(第7話)
芝浦海洋大学の職員。鴨居に研究室の統廃合の対象に鴨井研究室が含まれていることを告げる。
片桐
演 – 永倉大輔
科学者。蓮田トラストで光太郎に海底資源開発の環境への影響はパラメータをいじればどうとでもなると説明する。
亀田君
声 – 緒方恵美
蓮田トラストで飼われているカメ。光太郎と片桐がデータ改ざんで海底資源の発掘を強引に進めようとしてることを海音に教える。
宅配員
演 – 大水洋介
鴨居研究室の椎木にタイ料理を宅配する。

 

第7話
高柳良一
演 – 堀部圭亮
週刊満潮編集長。光太郎に依頼され海音の経歴の真偽を調査し、公表している経歴が嘘であることを掴み、「たそがれTV」に生出演する海音に対して経歴や鴨居との血縁関係について問い詰め、海音の言う経歴は全て噓であると生放送中に暴露する。
演 – 候偉
香港の投資会社「ダニエル・カッパー」の幹部。蓮田トラストの株式を30%以上保有し、経営陣の刷新を唱え、新しい経営陣として榮太郎を取締役に推薦する。

 

このようなキャストになっています!

キャストもゲストもかなり豪華です。

 

【恋はDeepに】第8話あらすじとネタバレ!無料見逃し配信の視聴方法は?今回は、ドラマ恋はDeepに第8話が公開されましたので、そのあらすじとネタバレ!についてやっていきましょう!さらに今回放送された第8話の...

 

恋はDeepに第8話の世間の声をチェック!

 

見ていない人にはわからないけど、めちゃくちゃ面白いドラマ。(笑)

感情を揺さぶられるの全部見ることをおすすめしたい!

 

恋はDeepに第8話感想と考察!今回での追加キャストはいる?まとめ!

  • もうすでに来週の放送が楽しみ。。。
  • キャストもゲストもかなり豪華です。
  • 今後の活躍にも期待!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です