芸能界

【熊田曜子】不倫相手は誰だ?夫を悪者扱いしていた?離婚で逃げるか。

今回は、熊田が実は不倫していたのではないかという事が世間やネットで話題になっていますので、そのことについてやっていきます!

 

  • 熊田曜子不倫相手は誰だ?
  • 夫を悪者扱いしていた?離婚で逃げるか。
  • 熊田曜子の世間の声をチェック!

 

この3点を中心に話をしていきたいと思います!

 

ではやっていきます!

 

熊田曜子不倫相手は誰だ?夫を悪者扱いしていた?離婚で逃げるか。

 

 事件が起きたのは、5月18日未明のことだ。タレントの熊田曜子(39)が、東京都港区内のマンションで、夫の会社経営者・X氏(38)に平手で叩かれるなどの暴力を振るわれたとして、警察に通報。X氏は、暴行容疑で警視庁高輪署に逮捕された。

 

「検察の勾留請求は却下され、X氏は20日に釈放されましたが、熊田が被害届を取り下げていないため、今後、X氏は在宅で捜査を受けることになります」(担当記者)

 

 

2人が結婚したのは2012年4月のこと。熊田は同年7月に妊娠も発表し、12月に長女を出産、その後も2人の女の子に恵まれた。いったい夫婦の間に何があったのか……。

 

不倫相手は誰だ?

熊田は、過去に自身のインスタグラムに《朝起きて一番にする家事が(夫に)一口も食べてもらえなかったご飯の処理》と投稿するなど、夫への不満を吐露しており、今回の事件を受けて、多くのメディアでは熊田が “モラハラ夫” の一方的な被害者だと報じられている。

 

「たしかに、Xさんは経営者なので、自宅で食事が取れないほど、多忙なときもありました。でも今回の事件は、Xさんが一方的に悪いわけじゃありません。熊田さん側にも、原因があるんです」

そう語るのは、X氏と長年の友人であるA氏(41)だ。

 

「僕から見ても2人の仲は良好でしたし、2021年の大型連休中も家族で旅行をしていました。でもじつは、2021年の2月ぐらいから、熊田さんの行動に不審な点が見られるようになっていたそうなんです。

Xさんが自宅に帰ってきたことに気づかないまま、夜遅くまで長電話をしていたり、Xさんがいることに気づくと、慌ててトイレに行ったりとか。

さらに、事前に聞いていた予定では仕事がないはずなのに、子供3人を実家に預けて急に出かけるなどしていました。

そして、4月のことです。Xさんが開いたまま置いてあった彼女の手帳を目にしたところ『原宿にランチ』と書かれていて、ハートマークと一緒に、熊田さんが頻繁に出演している、あるテレビ局の番組名が書かれていたそうです。

 

不審に思ったXさんが『あの日、原宿にランチに行ったでしょ。そのあとはどこに行ってたの?』としつこく聞いたら、彼女は激しく動揺したそうです。Xさんの不信感は、ますます強まりました」

 

円満な家庭は、この日を境に、不協和音を奏でるようになった。X氏から相談を受けたA氏は、X氏が不在中の自宅内の様子を録音しておくことをすすめたという。

「彼は明らかに落ち込んでいたし、このままでは仕事にも支障が出ると思ったんです。何も録れなければ、手帳の件などはすっかり忘れればいいじゃないかと。そうしたら、熊田さんの不倫を疑わざるを得ないような音声が録れてしまったんです……」(A氏)

 

本誌は、その音声データの一部を入手した。そこには熊田が、友人と思われる人物と、電話で会話した際の音声が録音されていた。

 

熊田は、X氏に「ハートマーク」が記された日の行動を追及されたことを振り返り、「マジ、手、震えたもん」「(手帳を)めくる手が震えたもん。ヤッバと思って」と心情を吐露し、「(X氏の)出方やね」「確実な証拠は絶対、掴んでない」「世間にバレたほうが終わる」など、なんらかの “隠し事” が公になることを極度に恐れていたのだ。

 

また、「(YouTubeで)紹介してこうか、一部屋ずつ。こんなホテルがある、みたいな」と、自身がホテルに出入りしても怪しまれない “方策” すら語っている。

「Xさんは、これで熊田さんの浮気を確信しました。しかも、Xさんの耳には、熊田さんが出演する番組を担当するテレビ局社員とその局内で “噂になっている” という話まで入ってきました。

当然、Xさんは熊田さんを問い詰めました。でも彼女は『絶対に、そんなことはない』と認めず、むしろ『そんな噂を言う、周囲の人間がおかしい。あなたは洗脳されている』と言ったそうです。この時点でも、Xさんは熊田さんが不貞を認め謝ってくれれば、やり直そうと思っていたそうですが……」

 

事件のあった5月18日を迎える。

「この日、Xさんは、録音データを持っていることを明かしたうえで、『頼むから浮気を認めてくれ』と懇願したそうです。実際、17日の夜の10時半に、僕はXさんから『今から、きちんと話し合いを始めます』という電話をもらいました。

 

でも、熊田さんは布団から出てくることもなく、まともにXさんの話を取り合おうとしなかった。それでXさんが怒って布団を跳ね上げたとき、手が彼女の顔に当たってしまったというんです。

Xさんは、逮捕後の警察による取調べでも、『妻に不倫の疑惑を突きつけた結果、口論になった』と正直に話し、供述調書にも、そのとおりに書かれたと言っていました」

 

さすがにこれで、不倫だったらヤバすぎます。。。

原因があるのですから、本人同士で解決してほしいです。

 

夫を悪者扱いしていた?

事実を確認すべく、本誌は仕事を終えたX氏を直撃した。

 

――18日の事件は口論の結果、手が当たっただけだと主張されていると聞きました。

「……すみません、裁判があるので何もお話しできません」

 

――口論の原因となったのは、熊田さんの不倫疑惑だと聞いています。

「Aさんに相談していたのは事実です。でも、私は子供のことが、いちばん心配なんです。これ以上はお話しできません」

 

一方の熊田側の言い分はどうなのか。本誌は、5月27日、彼女を直撃した。

 

――被害届はまだ取り下げていないのでしょうか。

「弁護士の方と話をしていて、何も言えないんです」

 

――事件の原因に、熊田さんの不倫疑惑があるそうですが。

「そういう話が出ているんですね。そのことについても、なんにも話せないんです」

 

あらためて、熊田の代理人弁護士に質問状を送ったところ、熊田の「不貞関係なるものは全くの事実無根であり、X氏の単なる邪推に過ぎない」と回答した。

 

さらに、熊田が暴行事件当日の様子を録音した音声データがあり、そこには「X氏が一方的に熊田を罵倒する内容と、『てめーらなめやがって』『ぶっ殺すぞ』というX氏の脅迫的言辞、それに対して熊田が泣きながら『何でそういうことを言うの』とX氏に対して冷静になるように求める言葉のみ」が録音されていたと主張した。

なお熊田の代理人弁護士によれば、夫婦は5年前にも「X氏が熊田を殴打した」として、警察沙汰になったことがあるという。

さらに、「X氏が熊田に対して(X氏が録った)録音データを突きつけたという事実も、熊田に対して不倫の有無を追求したという事実も(熊田が録った音声データには)記録されておりません」とし、事件当日、熊田が夫から不倫疑惑を追及されたことも否定した。

 

現在X氏は、裁判に備えて弁護士を選任している。熊田を直撃した翌日、本誌は、X氏の代理人弁護士にも事実を確認した。

「警察で取調べを受けた際にX氏が、『事件当日、熊田さんに不倫を問い詰めた結果、口論になった』と供述したのは事実です。調書にも残されています」

お互いの言動を録音し合うセレブ夫婦――。

 

なぜ、これほどまで関係がこじれてしまったのか。刑事弁護に詳しい市川巧弁護士は、夫婦間のDV問題について次のように話す。

「近年、警察は、女性からDV被害の訴えがあると、まず男性を逮捕する傾向にあります。昔は、話だけ聞いて事件にしないことが多かったようです。しかし、ストーカー絡みの殺人など、重大事件の発生を踏まえ、男女間のトラブルに警察が積極的に介入するべきだという流れになっています。

 

ただ、それを逆手に取って、被害を受けていないのに、女性が男性からDVを受けたと訴える場合もあり得ます。その場合は『虚偽告訴』として、男性が逆に女性を訴えることもできるでしょう」

あらためて、A氏がX氏の苦境を語る。

「Xさんは、会社経営者とはいえ一般人。これまでも、夫婦2人だけの問題のはずが、SNSなどを通じた熊田さんの一方的な発信で世間に広まることに苦しんでいました。そしていまや、Xさんはまるで極悪人のように扱われています。それでは、あまりにも理不尽だと思い、話をしたんです」

“セレブ夫婦” の本当の姿が、明らかになる日は来るのだろうか。

 

真相は闇の中ですが、これからの生活に不安が見えますね。

離婚で逃げるか。

熊田と夫は2012年4月に結婚。同年に長女、15年に次女、18年には三女が誕生している。

 

夫は今月18日に熊田への暴行容疑で警視庁に逮捕。20日の送検後に釈放された。

報道各社に送付した文書は以下の通り。

 

コロナ禍で皆さまが大変な思いをされているときに私のプライベートなことでお騒がせして大変申し訳ございません

報道されております通り、令和3年5月18日の深夜、私が夫から暴行を受けたこと、身の危険を感じた私が警察に通報したこと、駆けつけて下さった警察官に夫が逮捕されたこと、私がこの件について被害届を提出したことなどはすべて事実です。

夫からの暴力行為は今回が初めてではなく、夫が帰宅する時間が近づくと恐怖を感じるようになってしまっており、そのような状態でこれ以上婚姻生活を継続することは難しいと判断し、所属事務所や弁護士さんと協議を重ねた上で夫と離婚することを決意し弁護士さんに離婚手続きを委任することとなりました

子どもたちと4人で一緒に頑張って生活していきますので、温かく見守っていただければと思います

2021年5月31日 熊田曜子

 

 

 

熊田曜子の世間の声をチェック!

 

確かにどうでもいいですが、不倫をしていたのに夫をここまでの扱いをしていたとしたらヤバすぎます、、、。

 

熊田曜子不倫相手は誰だ?夫を悪者扱いしていた?情報まとめ!

  • 不倫相手は未確定。
  • 夫の証言も聞かないといけない。
  • 今後の活躍にも期待です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です