ドラマ

【ネメシス】第8話感想と考察!今回での追加キャストはいる?

今回は、ネメシス第8話が公開されましたのでその感想と考察!についてやっていきます!さらに今回の放送分の第8話での追加キャストはいる?のかということも紹介していきます!

 

  • ネメシス第8話感想と考察!
  • ネメシス第8話での追加キャストはいる?
  • ネメシス第8話の世間の声は?

 

この3点を中心に話をしていきたいと思います!

 

ではやっていきます!

 

ネメシス第8話感想と考察!今回での追加キャストはいる?

 

ネメシス』は、日本テレビ系列で2021年4月11日から毎週日曜22時30分 – 23時25分に日本テレビ系列『日曜ドラマ』にて放送されているテレビドラマ

 

ネメシスに女子高生・神谷節子から行方不明となった兄・神谷樹の捜索依頼が舞い込む。節子の暮らす「あかぼしの家」に神田水帆が巻き込まれた19年前の事件の手がかりを感じた栗田は、依頼を引き受けるよう指示する。

道具屋・星憲章の協力で樹は見つかるが、彼が逃げ込んだアパートで詐欺師の西園寺佑が殺害されており、凶器を持つ樹の姿を目撃する。樹は詐欺グループの長・鬼道によって犯人に偽装されており、鬼道の正体を見破ったアンナたちによって事件は解決する。その後、始からアンナにプレゼントされたネックレスに謎のデータが存在することが明らかになる。また、19年前の事件の関係者・美馬芽衣子が「あかぼしの家」出身であった情報を手に入れた栗田は、事件の真相に迫っていく

 

 

過去に世話になった「八景島シーパラダイス」の社長・太宰幸一郎から依頼を受け、ボマーによる爆弾事件を解決するため現地を訪れた風真と彼を尾行してきたアンナと栗田。危険だからと調査から外されたアンナは女子大生・四葉朋美と出会い、成り行きで手錠で繋がれ行動を共にすることに。

風真と栗田が警察と協力し事件を追う裏で、アンナと四葉は風真に付けた盗聴器からの情報を元に仕掛けられた爆弾の位置やボマーの正体を見破り事件を解決に導く。二人は事件解決のお礼にシーパラダイスから貰ったお揃いのキーホルダーを手に親友となる

 

第8話感想と考察!

〈カンケン=菅研究所〉の大和猛流(石黒賢)の暴露により、ついに自身が、父・美神始(仲村トオル)の手によって、

世界初の≪ゲノム編集ベイビー≫

として生まれたことを知ってしまった美神アンナ(広瀬すず)

【探偵事務所ネメシス】の探偵・風真尚希(櫻井翔)と、社長の栗田一秋(江口洋介は、「知っていることを全部話して!」とアンナに詰め寄られる。

風真、栗田から語られた内容は、これまで我々視聴者が疑問に感じていた全ての“答え”だった…。

そもそも、何故、アンナが影で推理し、風真が探偵として振舞っていたのか?

風真が過去にあらゆる仕事をしていたのは何故か?

【20年前の事件】と【19年前の事故】の関係は?

19年前の事と第6話に出てきたコンサル会社の社長・烏丸の関係について捜査を開始するところから始まります。

烏丸は神田なぎさが追っていた謎の不審死の事件をもみ消そうとした人物。

ネメシス達は神田なぎさに19年前の事件の詳細をアンナに言わない事を条件に烏丸について調べ始めます。

烏丸を追跡している風真だが、烏丸はずっと電話してばかりでボディガードをつけている、なかなか近づきにくい相手。

栗田は烏丸の携帯を奪って一体なにをそんなに話しているのか調査しようと考案する。

風真とアンナは中華街を歩き、風真は知り合いの元詐欺師のマジシャンを訪ねる。

風真はその詐欺師のマジシャン・緋邑晶に烏丸の携帯のデータを奪って欲しいと依頼する。

そして、緋邑晶はアンナに烏丸の元に侵入するよう指示する。

帰り際に風真は元同僚の大和に偶然、会い挨拶する。

神田は栗田がアンナを異常に心配している事に違和感を覚える。

一方、風真はアンナと星のもとを訪れ、カメラ付きメガネを開発してもらう。

そして、風真達はなにかを頼んでおり紙袋に入れ星が渡す。

風真達は割烹料理屋に向かい、そこで行われている賭け事の花札に参加する。

栗田はアンナのメガネからビデオ電話のように捜査の中継を見ている。

ネメシス事務所にいるのは栗田と緋邑晶・神田なぎさで、緋邑晶は遠隔でアンナ達を操る。

割烹料理屋の賭場には烏丸もいて、アンナは花札に挑戦し、烏丸と戦う。

アンナは追いやられ、勝負を見ていてイライラする栗田に対し、わざと負け続けろと緋邑晶は指示していた。

わざと負け続けるアンナは風真を人質にし、烏丸にお金を要求する。

そしてそのお金を賭け烏丸との勝負に挑むが一発で負けてしまいアンナが自分の身体を売るといい、さらに烏丸に500万を要求する。

しかし、緋邑晶は事前にアンナにすり替えるマジックを教えており強烈なカードとすり替える。

アンナは最高カードを出し、周囲のギャラリーはざわつく。

しかし、その時にいつもの刑事・タカ・ユージが駆けつける。

風真が事前にタカ達に電話していたのだ。ガザ入れが入った賭場の席では大騒ぎ。

緋邑晶は烏丸を逃がす計画でいたのだ、アンナと風真が烏丸を誘導し、緋邑晶のマジックバーに駆けつける。

烏丸をバーに呼び、風真は烏丸に甘い誘惑を投げかける。

また詳しい考察はじっくりと更新していきます。

 

第8話での追加キャストはいる?

ネメシス ネタバレ

 

ゲスト

第1話

澁澤火鬼壱(しぶさわ ほきいち)〈80〉
演 – 伊武雅刀
大富豪。「磯子ドンファン」。殺人事件の被害者。
6人の恋人と親身に世話を焼いてくれる黄衣子の事を家族のように大切に思い、全員に均等に遺産を分配しようと考えていた。殺人が起きたパーティではその事を記した新たな遺書を作っており、その隠し場所について問題を出していた。
村崎由香里(むらさき ゆかり)
演 – 黒沢あすか
銀座のクラブ経営者。澁澤の恋人の1人
森銀子(もり ぎんこ)〈42〉
演 – 橋本マナミ
演歌歌手。澁澤の恋人の1人
黒檀エイラ(こくだん エイラ)〈37〉
演 – 長内映里香
占い師。澁澤の恋人の1人
青海唯衣(あおみ ゆい)
演 – 中神円
プロのピアニスト。澁澤の恋人の1人
ルビー赤井(ルビー あかい)〈28〉
演 – 森咲智美
読者モデル。澁澤の恋人の1人
桜田桃(さくらだ もも)
演 – 佐藤玲
漫画家。澁澤の恋人の1人
梶定
演 – 有福正志
澁澤家の執事。

 

第2話

神谷節子(かみや せつこ)
演 – 田牧そら
児童養護施設「あかぼしの家」で暮らす中学生。ファッションデザイナーを夢見ており、高校を出たら海外留学しようと思っている。
神谷樹(かみや いつき)
演 – 窪塚愛流
節子の行方不明となった兄。ラッパーを夢見てクラブ「P.O.P」に通いサイファーを行っていた。行方不明となる暫く前から西園寺と関わりを持つ。西園寺が死亡しているアパートの部屋で血のついたナイフを持って立っており、西園寺の殺害を自白した。
要宏三郎(かなめ こうざぶろう)
演 – 木場勝己
児童養護施設「あかぼしの家」の園長。
阿久津英樹(あくつ ひでき)
演 – 渡辺大知
クラブ「P.O.P」のオーナー。
木嶋孝(きじま たかし)
演 – 般若
クラブ「P.O.P」のラッパー。
葉山周(はやま しゅう)
演 – 濱正悟
クラブ「P.O.P」のラッパー
西園寺佑(さいおんじ ゆう)
演 – 菅原健
鬼道グループの詐欺師。振り込め詐欺を取り仕切っていたが、自宅アパートにて刺殺される。

 

第3話

太宰幸一郎(だざい こういちろう)
演 – 浅野和之
八景島シーパラダイス社長。過去にイルカの調教師として働いていた風真が探偵として活躍していることを知り、爆弾魔に脅迫されたシーパラダイスを救うべく調査を依頼する。
高橋麻子(たかはし あさこ)
演 – 田中佐季
社長秘書。
海老名隆(えびな たかし)
演 – 堀田健斗
八景島シーパラダイスの施設責任者。
ボマー
演 – 駒木根隆介
八景島シーパラダイスに爆弾を仕掛け施設を脅迫し2億円を要求する爆弾魔。無人のレストランに設置した小規模な爆弾を爆発させ脅した後、警備にあたった警察を「走行速度」「車体荷重」が一定の範囲から逸脱すると爆発するバスに監禁し、2億円を洋上に投棄させドローンを使い盗み出すことに成功するが、2億円を回収する際にアンナと四葉に犯行の状況と自身が窮地に立たされたときの為に用意していた爆弾の設置場所を推理され身柄を確保される。

 

第4話

黒田秀臣(くろだ ひでおみ)
演 – 水間ロン
私立デカルト女学院の美術教師。転落死体で発見される。
事件当日スマホを無くして雪村や平に探している姿を目撃されている。雪村と交際していた。
雪村陽子(ゆきむら ようこ)
演 – 村川絵梨
私立デカルト女学院のスクールカウンセラー。黒田の転落死についてネメシスに調査を依頼する。誰にでも優しく生徒に信頼されており、カウンセリングの予定も不在時と捜査前日以外は全て埋まっている。実は黒田と交際していた。
事件当日は1人で仕事をしていたと証言していたが、実際は美術室に向かうも到着した頃には黒田が転落死していた。
南禅寺光江(なんぜんじ みつえ)
演 – MEGUMI
私立デカルト女学院の教頭。出張で不在の校長の代理を務める。校長不在時に起こった出来事についての自らの責任や生徒達への影響を考え、警察の捜査を16時までと定めた。
事件当日は4階の資料室で平と共に資料を探していた。
夏本レナ(なつもと レナ)
演 – 河合優実
私立デカルト女学院の3年A組の生徒。美術部員で黒田との交際の噂があった。
高い絵の才能を誇るが人付き合いが苦手で、一時期不登校気味になるも黒田や雪村の助けにより登校できるようになり、お礼として描いた絵がカウンセリングルームに飾られている。普段は美術室で1人でいる事が多い。捜査のため潜入したアンナにも優しく接し、今年の誕生日は父親に祝って貰えない彼女に対して似顔絵を描いてあげた。
事件当日は4階自習室で1人で読書をしていた。
西野歩美(にしの あゆみ)
演 – 吉田美月喜
私立デカルト女学院の3年A組の生徒。クラスは異なるが今日子ととても仲が良く、昼休みはよく一緒に行動している。
事件当日は12時半に3階の吹き抜けで今日子と一緒にいて「黒田なんて死んでしまえばいいのに」と発言しているのを用務員の井山に目撃されており、容疑者の1人となった際に殺害を自白する。
南今日子(みなみ きょうこ)
演 – 三上紗弥
私立デカルト女学院の3年B組の生徒。クラスは異なるが歩美ととても仲が良く、昼休みはよく一緒に行動している。
事件当日は12時半に3階の吹き抜けで歩美と一緒に居る所を用務員の井山に目撃されており、歩美と共に殺害を自白する。
中居ふみ(なかい ふみ)
演 – 前野えま
私立デカルト女学院の生徒。
秋沢愛(あきざわ あい)
演 – 内海誠子
私立デカルト女学院の生徒。
冬石唯(とうせき るい)
演 – 森日菜美
私立デカルト女学院の生徒。
佐藤菜月(さとう なつき)
演 – 市島琳香
私立デカルト女学院の生徒。
井山清十郎(いやま せいじゅうろう)
演 – 螢雪次朗
私立デカルト女学院に勤続40年の用務員。自称昔の生徒のことも覚えているという大ベテラン。
事件当日は11時半頃に3階の鏡を掃除しており、歩美と今日子の姿を目撃している。
平天彦(たいら あまひこ)
演 – 柳俊太郎
私立デカルト女学院の教師。
事件当日は4階の資料室で南禅寺教頭からの指示で共に資料を探していた。

 

第5話

天久潮(あまひさ うしお)
演 – 渡辺哲
ブランドサーモン「天狗サーモン」の養殖業「天久養殖」の社長。転落死体で発見される。ガンを患うも3人の息子が実家に戻り家業を継いでくれることをリュウに嬉しそうに話していた。
死亡当日は大量に飲酒しており、靴紐も片方解けていたなど事件性は低いと判断され警察は事故として処理している。
天久一魚(あまひさ かずお)
演 – 野間口徹(第7話)(幼少期:江口奏太)
潮の長男。大学院で遺伝子工学を研究していたが、潮の育て上げた「天狗サーモン」に興味を持ち実家に戻っている。潮亡き後は主に養殖を仕切っていた。餌や環境を整備する事で生産量や育成期間を調整して量産しようと考えていたが、自然に任せる手法で養殖する潮と対立していた。
天久二魚(あまひさ ふたお)
演 – 大鶴佐助(幼少期:佐藤歩)
潮の次男。大学院でマネジメントを勉強しており、それを活かして「天久養殖」の経営を行おうと実家に戻ってきていた。広い養殖場の養殖に関係のない土地を売却運用し経営を立て直そうと考えていたが、「自然は繋がっているので養殖に影響がでる」と土地売却に反対する潮と対立していた。
天久三魚(あまひさ みつお)
演 – 堀家一希 (幼少期:高田道正)
潮の三男。兄2人とは違い頭が良くないため大学には通っておらず、借金を潮に肩代わりしてもらうため実家に戻ってきていた。兄2人には学費を払ったのに自分の借金は払ってくれないと潮と対立していた。
愛留(あいる)
演 – 小西桜子
三魚の彼女。
洋(ひろし)
演 – 渋川清彦
潮の義弟(前妻の弟)。金に汚く口が悪い。姉が苦労した分として「天久養殖」の資金を横領していた。潮が死亡した件について犯人を知っているとネメシスのメンバーに仄めかしていたが、自らが潮を殺した旨を自白した遺書と共に自殺した姿で発見される。
天久郁子(あまひさ いくこ)
演 – ともさかりえ
潮の後妻。潮が死亡する1年前に生命保険をかけており、保険金の受取人となっている。事件の調査に来たネメシスのメンバーを引き留め、併設するキャンプ場のキャンピングカーに宿泊させる。

 

第6話

たじみん / 多治見一善(たじみ かずよし)
演 – 柿澤勇人
「タジミンチャンネル」の暴露系動画配信職人。行方不明の久遠光莉の捜索をネメシスに依頼する。盗聴器探知機を持ち歩いている。
2年前にニュース番組「ニュースアイズ」でコメンテーターを担当しており、神田凪沙が恵美佳(めぐみみか)が人体実験を受け変死したと虚偽報道したことに抗議し、光莉と一緒に降板して2人でSNSを使用し凪沙を断罪した。世間から大バッシングを受けた凪沙は番組をクビになり局を追放されたことから逆恨みし、AIを使って自分と光莉が覚せい剤を使用したフェイク動画を拡散して光莉を誘拐したのではないかと訴える。
実際は光莉を誘拐し、覚せい剤使用動画を偽造した張本人。2年前の報道が真実である事を話した光莉との密会の記事をかき消すため覚せい剤動画を偽造して薬物検査を受けることで話題に上がらないようにした。そして、真実を知った光莉を口封じのために誘拐し、ネメシスをアリバイ作りに利用しトリックを使って神田凪沙に殺害されたように見せる完全犯罪を企てていた。
久遠光莉(くおん ひかり)
演 – 優希美青
SNSで300万人のフォロワーを誇る若手人気女優兼タレント。
港北の廃工場「相模鉄工所」から助けを求める動画をLINEで送信してきたことから風真たちが救出に向かう。目前で工場の2階の窓から麻袋に入れられた状態で転落したことから死亡したと思われたが、アンナの推理により先回りして救出されていた。
2年前の報道が真実である事を知って神田凪沙と共に多治見の証言を盗撮し、凪沙の名誉を回復することに協力する。
浅川秀長
演 – 迫田孝也
ドラマプロデューサー。久遠光莉を女優として発掘した人物。
満田誠
演 – 田村健太郎
久遠光莉のマネージャー。
柿原久志
演 – ボブ鈴木
「日刊エブリー」 記者。神田凪沙とは同業の仲間。光莉から渡された多治見との密会動画を元に記事を書くが、2人の覚せい剤使用疑惑のインパクトの方が強く吹き飛んでしまう。

 

第7話

烏丸(からすま)
演 – 宇野祥平(第6話)
コンサル会社の社長。 神田凪沙が報じた2年前の恵美佳の人体実験報道を世間の目から逸らさせるため、多治見に多額の金を渡してSNSで炎上させるよう仕向けた張本人。
賭事が好きで花札の賭場に良く出入りしており、普段は仏頂面だが賭けの後には上機嫌になる。何者からか電話やメールで指令を受けており、接触してきた風真やアンナを捕獲しようとする。
志葉(しば)
演 – 板橋駿谷(第6話)
烏丸のボディーガード。
烏丸同様何者からか指令を受け、アンナを捕獲しようとする。アンナとリュウ2人がかりでも倒すことができないほどの強者。

 

このようなキャストになっています

キャストもゲストも非常に豪華。

 

【ネメシス】第8話あらすじとネタバレ!無料見逃し配信の視聴方法は?今回は、ネメシス第8話が公開されましたのでそのあらすじとネタバレ!についてやっていきます!さらに今回の放送分の第8話の無料見逃し配信の視...

 

ネメシス第8話の世間の声は?

 

やはりこのドラマを待ちきれない人がかなり多いようです!

それだけ魅力のあるドラマになっています!

 

ネメシス第8話感想と考察!今回での追加キャストはいる?まとめ!

  • もうすでに来週の放送が楽しみ。
  • キャストもゲストも非常に豪華。
  • 今後の活躍にも期待です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です