ドラマ

【恋はDeepに】第7話感想と考察!今回での追加キャストはいる?

今回は、恋はDeepにの第7話が放送されましたので、その感想と考察!についてやっていきましょう!さらに今回放送された第7話での追加キャストはいる?のかという事も紹介していきます!

 

  • 恋はDeepに第7話感想と考察!
  • 恋はDeepに第7話での追加キャストはいる?
  • 恋はDeepに第7話の世間の声は?

 

この3点を中心に話をしていきます!

 

ではやっていきましょう!

 

恋はDeepに第7話感想と考察!今回での追加キャストはいる?

 

恋はDeepに』(こいはディープに)は、2021年4月14日から日本テレビ系「水曜ドラマ」で放送されている徳尾浩司・脚本によるテレビドラマ

 

スキューバ中に海で溺れた倫太郎(綾野剛)を助けた海音(石原さとみ)。翌日、会社で顔を合わせた二人の間には気まずい空気が・・・。そんな中、蓮田トラストのリゾート開発本部はマリンリゾートにホテルを誘致するため、世界的に有名な一流ホテルのCEO・デイヴィッドの説得に動き出すが、なかなかOKが出ない。それを見た海音は、とある作戦に出るが…。

 

 

そんな中、榮太郎(渡邊圭祐)が鴨居研究室を訪れる。藍花(今田美桜)は、榮太郎からリゾート開発本部と研究室の交流会を提案される。 デイヴィッドが経営するホテルに招かれた倫太郎と海音。巨大な水槽を泳ぐ魚たちを愛おしそうに見つめる海音を見た倫太郎。溺れた自分を助けてくれたお礼を言おうとするが。

 

第7話感想と考察!

魚たちの話す言葉が突然理解できなくなってしまった海音みお(石原さとみ)。一方、開発プロジェクトのリーダーに復帰した倫太郎(綾野剛)は、記者に追われる海音の身が心配で……。さらに、海音の怪しい経歴をめぐって、鴨居研究室は大学内で存続の危機に立たされてしまう!
一方、蓮田トラストでは香港の会社に株を買い進められていることが発覚。このままでは会社を乗っ取られてしまうが……。大量の株を売却していたのは、榮太郎(渡邊圭祐)だった。
そんな中、海音を心配する倫太郎が研究室に迎えにくる。倫太郎が向かった先は会社ではなく、遊園地!自分を元気付けようとする倫太郎の優しさを感じる海音。倫太郎は<海中展望タワー>が環境を壊さないよう、大きさや形まで真剣に考え直そうとしていた。
その夜。榮太郎の行動をめぐって蓮田家には険悪なムードが。また、海音は研究室の仲間にこれ以上迷惑をかけないため、自ら身の潔白を証明しようと、“危険な作戦”に出ようとしていた

 

人間じゃない石原さとみとツンデレ御曹司・綾野剛の環境保護ラブストーリー「恋はDEEPに」。
第6話では、渚美音(石原さとみ)と蓮田倫太郎(綾野剛)が完全に相思相愛に。ふたりがイチャイチャしているシーンが多くて、「いいなぁ……」という気持ちに。
倫太郎の部屋を美音が訪れるシーンは、わざわざ彼女と同じ濃さの食塩水を倫太郎が飲んでみたり、粉で美音が真っ白になったり、ふたりで山盛りのワカメを食べてみたりと、実にほのぼの。いっそのこと、人魚と御曹司の同居コメディーを見てみたかったな。
榮太郎(渡邉圭佑)や光太郎(大谷亮平)の元妻・遥香(泉里香)、鴨居研究室の藍花(今田美桜)、染谷(高橋努)、椎木(水澤紳吾)までやってきて、実に蓮田家は実ににぎやか。
「家族とか、幼なじみとか、思い出があるって、何かいいですよね。私、ずっとひとりぼっちだから」
「でも、今は違う。研究室のみんなもいるし……。俺もいる」
「はい」(嬉しそう)
夜はアジアンリゾートな感じの部屋(「大豆田とわ子と三人の元夫」の妄想シーンに出てきたような部屋)で二人きりに。
「俺は君が、美音が好きだ」
「私も好きです……」
暖色のライティングとふたりが着ているローゲージニットのせいか、とても温かなキスだった。その後、美音が倫太郎の髪に頬をこすりつけているところも、愛おしさの表現としてとても好ましい。
「ねえ、美音、俺、本気だから」
倫太郎は、星ヶ浜の海も、まもなく人間の世界にいられなくなってしまう美音のことも守るとあらためて誓う。ようやくお話の筋が通ってきたような感じ。これまでは倫太郎の気持ちがあまり前に出てこなかったから、話があまり前に進まなかったし、観ているこちらの気持ちの持っていきどころもなかった。
人魚が人間の世界で生きていくのは、正体バレの問題も含めて困難に決まってるし、人間との恋愛をしていくのはさらに難しい。それは製作者たちが絶対に参照しているはずのトム・ハンクス主演の映画『スプラッシュ』を観ればよくわかる。その上、海を守ろうとするのだから、本当にミッション・インポッシブル。だったら、早い段階から美音と倫太郎を恋仲にして、倫太郎が美音をいろいろな障害から守ろうとする……という展開のほうが乗っていけたような気がするのだが。
ところで、榮太郎のたくらみは、株買い占めによる蓮田トラストの乗っ取りだった。これは星ヶ浜の開発をやめさせて兄弟ゲンカをやめさせるための乗っ取りと見た。はたしてうまくいくのか、いかないのか。

 

また詳しい考察はじっくりと更新していきます。

 

第7話での追加キャストはいる?

 

富浦ふみ
演 – 藤吉久美子
富浦医院の医師。鴨居に付き添われた海音の筋力測定をする。
大橋
演 – 若林久弥
芝浦海洋大学の職員。鴨居に海音の経歴を証明する書類の提出を求める。
真田
演 – 山田明郷
芝浦海洋大学の職員。研究室の統廃合の対象に鴨井研究室が含まれていることを告げる。
片桐
演 – 永倉大輔
科学者。蓮田トラストで光太郎に海底資源開発の環境への影響はパラメータをいじればどうとでもなると説明する。
亀田君
声 – 緒方恵美
蓮田トラストで飼われているカメ。光太郎と片桐がデータ改ざんで海底資源の発掘を強引に進めようとしてることを海音に教える。
宅配員
演 – 大水洋介
鴨居研究室の椎木にタイ料理を宅配する。

 

ゲストもかなり豪華ですし、キャストも超強力なメンバー揃いです!

 

【恋はDeepに】第7話あらすじとネタバレ!見逃し配信の視聴方法は?今回は、恋はDeepに第7話あらすじとネタバレ!についてやっていきましょう!さらに今回放送された第7話の見逃し配信の視聴方法は?あるのか...

 

 

恋はDeepに第7話の世間の声は?

 

とりだめしてまとめてみる人もいますね!

そうすると次の回が気になって仕方がない(笑)

 

恋はDeepに第7話感想と考察!今回での追加キャストはいる?まとめ!

  • 二人の恋がどうなるか気になりすぎる(笑)
  • キャストもゲストもかなり豪華です。
  • 今後の活躍にも期待!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です