ドラマ

【大豆田とわ子と三人の元夫】第7話での追加キャストはいる?感想と考察!

今回は、大豆田とわ子と三人の元夫第7話での追加キャストはいる?のかという事も紹介していきます!さらに今回放送された第7話感想と考察!についてやっていきましょう!

 

  • 大豆田とわ子と三人の元夫第7話での追加キャストはいる?
  • 大豆田とわ子と三人の元夫第7話感想と考察!
  • 大豆田とわ子と三人の元夫第7話の世間の声は?

 

この3点を中心に話をしていきます!

 

ではやっていきましょう!

 

大豆田とわ子と三人の元夫第7話での追加キャストはいる?感想と考察!

 

大豆田とわ子と三人の元夫』(おおまめだとわことさんにんのもとおっと)は、2021年4月13日からカンテレ制作により、フジテレビ系火曜21時枠」で放送中の坂元裕二・脚本によるテレビドラマ

 

(第1話 – 第6話)建設会社「しろくまハウジング」社長、大豆田とわ子には三度の離婚歴がある。ある日とわ子は亡くなった母が使っていたパソコンのパスワードロックを解くため、設定したと思われる元夫たち三人(田中八作・佐藤鹿太郎・中村慎森)に連絡を取る羽目になってしまう。

 

 

再会をきっかけにとわ子は自身の娘・大豆田唄を交えて、八作の経営するレストラン「オペレッタ」で元夫たちと度々会うようになる。とわ子は慣れない社長業に苦慮しながらも「幸せになることを諦めていない」と元夫たちに宣言する。元夫たちも結婚時に輝くような時間を過ごしたとわ子への未練を抱きつつも、八作は親友の恋人・三ツ屋早良から迫られ、カメラマンの鹿太郎は仕事で知り合った女優・古木美怜に不倫スキャンダルの隠れ蓑として交際するふりをするよう頼まれ、弁護士の慎森は派遣切りにあったと称する依頼人・小谷翼からの身に覚えのない問いかけに頭を抱えるなど、周囲の女性たちに振り回されてゆく。

 

第7話での追加キャストはいる?

 

#2

蛯原太陽
演 – 川久保拓司
「しろくまハウジング」を頻繁に訪問するインテリアデザイナー
スポーツマンで、しょっちゅうとわ子をバスケに誘っている。
スマホを水平にして通話する姿を見たとわ子と槙森から陰で笑われていた。
グルメ社長
演 – 岩谷健司
年商一千億円の社長。すき焼きに特化した卵をとわ子に贈る。
城久間幹生
演 – 佐藤旭
「しろくまハウジング」の前社長。
入院中に社員たちを呼びだし、とわ子を新社長に指名する。
刑事
演 – 松本亮

 

このようなキャストになっています!

 

本当に思うのがキャストもゲストもかなり豪華ですよね。

このゲストなどから生まれる空気感は非常に素晴らしいです。。。

 

第7話感想と考察

かごめ(市川実日子)の一件から1年、とわ子(松たか子)は自宅で一人暮らしを始めていた。高校に進学した唄(豊嶋花)が、通学しやすい旺介(岩松了)の家に引っ越したからだ。娘がいない寂しさを抱えながらも、生活を楽しもうと試行錯誤するとわ子は、ある日、公園で“謎の男”(オダギリジョー)と出会う。
そんな中、とわ子はしろくまハウジングのオーナーが外資系ファンドに会社の株を売却しようとしていることを聞かされる。もし会社が外資の傘下になって利益重視の経営に変わると、コスト削減のために人員整理が行われるかもしれない。会社としてのこだわりや職人気質の社員たちを守るためにどうすればいいか悩むとわ子を心配し、慎森(岡田将生)、鹿太郎(角田晃広)が続けざまにとわ子のマンションを訪れる。一方、八作(松田龍平)はレストランの仕事を休み、一人で旅に出ていた。
後日、唄への届け物のために外出したとわ子は“謎の男”と偶然再会する。夢中になれることや仕事についての会話で徐々に打ち解けていく2人だったが、ひょんなことから話題はかごめのことに。すると、とわ子の口から、ずっと胸に秘めていた親友への思いが止めどなくあふれていき…。

 

社長の車に乗せられていったとわ子はどうなったの? とか、こんなに都合よく3対3の合コンみたいなパターンになる? とか、女性陣言いたい放題言い過ぎじゃない? とか、突っ込みたい箇所は山ほどあったのだが……最後の最後で、かごめの身に予想しないことが起き、全部持っていかれてしまった……。
いくら「第一部完結!」とは言っても、こんな展開は想定外だよ……!
以下、いつも以上にネタバレになるのでご容赦ください。
かごめの死に関する詳細は一切明かされず(医者の声で「直接の死因は心筋梗塞」と聞こえるだけ)、淡々と時が進む。ああ、八作が電話をかけていたのは、かごめだったんだ……と思うと、もうたまらない。「この電話は、現在繋がっておりません」のアナウンスが、まったく違う意味を持って聞こえてくる。
急いで病院に駆けつける八作。ストローとステープラー、そして靴下を途中のコンビニで買っていく。すでに待っていたとわ子にそれらを渡すと「紐がさ、抜けちゃったって言ってたから」と言いながら、パーカーの紐を直し始めた。
ストローとステープラーを使えば、簡単にパーカーの紐が直せる。そういえば、前回そんなことを言っていたっけ。アパートのリビングで漫画を描きながら「どうしよう……」と言っていたかごめ。とわ子は「帰ったら直してあげるよ」と言って、そのまま別れた。あのやりとりが、最後になったということだろうか。
「ひとりで死んじゃったよ」「ひとりで死なせちゃったよ」
あまりにも突然で、急な別れ。「実家で葬儀をあげられたくない」と言っていたかごめの願いは叶えられなかったけれど、とわ子が積極的に打ち合わせや準備に関わることで、なんとか彼女の理想に近い式をあげられたのではないだろうか。
霊柩車に乗り火葬場に向かうかごめに対し、高らかに彼女の名を叫ぶとわ子。彼女らふたりにしかわからない繋がりと、ふたりにしかできない別れ方というものがある気がした。
葬儀の後、会社で一仕事するとわ子のバイタリティは相変わらずだ。夜にはかごめの住んでいたアパートに寄り、食事をしながらかごめの描いた漫画を読み始める。
とわ子が泣きながらご飯を食べるシーン。坂元脚本であるドラマ「カルテット」で同じく主演を務めていた松たか子が、「泣きながらご飯を食べたことがある人は、生きていける」といったセリフをつぶやくシーンを思い出して、泣けてきた。
第一章が完結し、時は1年後へと進む。とわ子が新しい恋の予感を得そうなことについては心から祝福したいが、視聴者はまだ、かごめロス状態から戻って来られないだろう。少なくとも、私はそうだ。

また詳しい考察はじっくりと更新していきます。

 

【大豆田とわ子と三人の元夫】第7話あらすじとネタバレ!見逃し配信の視聴方法は?今回は、大豆田とわ子と三人の元夫の第7話あらすじとネタバレ!についてやっていきましょう!さらに今回放送された第7話の見逃し配信の視聴方法...

 

大豆田とわ子と三人の元夫第7話の世間の声は?

 

火曜日を楽しみにしている人が多いですね!

 

めちゃくちゃ面白いからですね!

 

大豆田とわ子と三人の元夫第7話での追加キャストはいる?感想と考察!まとめ!

  • キャストもゲストもかなり豪華です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です