ドラマ

【泣くな研修医】第5話あらすじとネタバレ!今回での追加キャストはいる?

今回は、泣くな研修医の第5話のあらすじとネタバレ!についてやっていきます!さらに今回の放送分の第5話での追加キャストはいる?のかということも紹介していきます!

 

  • 泣くな研修医第5話あらすじとネタバレ!
  • 泣くな研修医第5話での追加キャストはいる?
  • 泣くな研修医第5話の世間の声は?

 

この3点を中心に話をしていきたいと思います!

 

ではやっていきます!

 

 

泣くな研修医第5話あらすじとネタバレ!今回での追加キャストはいる?

画像

 

泣くな研修医』(なくなけんしゅうい)は、外科医・中山祐次郎による小説およびシリーズ。幻冬舎より2019年2月7日に刊行された。新米医師の葛藤と成長を描く医療ドラマ。

 

白濱亜嵐(EXILE、GENERATIONS)主演の【泣くな研修医】が2021年4月24日にスタート!
同名小説のドラマ化の医療物語。
研修医・雨野隆治(白濱亜嵐)が命の重さを問う、その結末は小説と同じor違う

 

 

このドラマは、うっとおしいほどの情熱を持って早く一人前の医師になることを目指す雨野に待ち受けていたのは何もできず、何もわからず、先輩医師たちから怒られる毎日・・・無力である現実に打ちのめされ幾度となく涙を流しながらも同僚の研修医たちと切磋琢磨しながら成長していく姿を描くドラマになります。

 

第5話あらすじとネタバレ!

 一時容態が悪化した石井(須賀健太)だったが、再び安定したため、隆治(白濱亜嵐)は石井を屋上に連れ出す。そこで隆治は石井からある箱を託される。

 

見られたくない個人情報だといい、自分に何かあったときに、隆治にもらってもらうか、もしくは処分して欲しいという。

隆治が受け取ると、石井は手に持ったメモにチェックを入れる。

 

そのメモには死ぬまでにやりたいことが書かれており、そのどれもが当たり前の普通のことばかりが並んでいた。

 

後日、隆治は再び石井からある頼み事をされる。半日だけでいいから外出させてほしいというのだ。時間がないから夢を叶えてくださいと頼んでくる石井のため、隆治は佐藤(木南晴夏)に相談し許可をもらうことができたが、それはこの機会を逃すと次はないという理由だった。

佐藤から「最高の外出にしてあげな」と託された隆治だったが、まだ腹部が張って腸が動いていない拓磨(潤浩)が再び嘔吐してしまい、緊急の治療のために石井の外出には同行できなくなってしまう。

 

そこで、くるみ(恒松祐里)が代わりに一緒に外出することになるが、石井はどこか嬉しそう。念願の外出をした石井は、やりたいことリストを1つ1つくるみとやっていくことに。

そんな中、自身も入院中の患者の身でありながら、健康オタクでさまざまなサプリや健康法などを調べては他の入院患者に勧めたり、何かと甲斐甲斐しく面倒を見ている徳田(清水ミチコ)が、コソコソとある外国人にあるDVDを渡しているところを川村(野村周平)が目撃する。

 

そんな徳田を、研修医たちは怪しむが…。

 

このようなあらすじになっています。

今回の展開も非常に面白かったです。来週の放送もすでに楽しみです。

 

 

第5話での追加キャストはいる?

 

ゲスト

第1話
杉崎あや(すぎさき あや)〈14〉
演 – 坂上梨々愛
腹痛を訴える患者。隆治はアッペ(虫垂炎)と診断するが、佐藤の見立てでガイニン(子宮外妊娠)の可能性もあると診察される。結果はアッペで心臓外科の手術があり症状が落ち着いたことから手術を翌日に先送りされる。
伊戸川(いどがわ)
演 – 久保田武人
腹痛を訴える患者。仕事を優先し外来診察の時間外に病院を訪れたことから診察した川村と滝谷の間で彼が仕事を優先したことに関して口論となるが、川村から診察を優先するようにメールで呼びかけられたことで翌日検査の予約をする。
第2話
山下拓磨(やました たくま)
演 – 潤浩(第3・4話)
交通事故で牛ノ町総合病院に救急搬送されてきた10歳の男の子。腹壁破裂の重症。術後重篤な状態であったが、隆治の連日徹夜の看護もあり抜管できるまで順調に回復する。
山下武(やました たけし)
演 – 木村昴(第4話)
救急搬送されてきた拓磨の父。自身も交通事故で左腕を骨折した。
第3話
森山平蔵〈87〉
演 – 品川徹
認知症で胃がんがステージ3まで進行した患者。認知症の影響で将棋好きのため天井の升目を将棋盤と見間違え、ベットの上に立ち上がった際に転倒して負傷する。しかし将棋をしているときは認知症の影響はなく、目隠し将棋ができるほど将棋上級者の川村や滝谷を対局で負かしている。
隆治はカンファレンスで幽門側胃切除を提案するが、岩井によりBSC(ベスト・サポーティブ・ケア)と治療方針が決定される。本人が意思表示できないためBSCの方針を決めるのは医者のエゴではないかと隆治は納得がいかなかったが、ケアに特化した施設はないことから転院となり、岩井から森山は「医者に見放された患者」ではなく、「患者が医者を見放している状態」と隆治に諭す。
石原沙也加〈45〉
演 – 西山繭子
膵頭部癌と診断された患者。放射線化学療法を先行させ、早期の根治を目指す治療方針を中園から提案される。中学受験を控えた娘・理沙との時間を優先させたいため治療に時間を要する放射線化学療法に難色を示すが、患者のために医者として何をすべきか考えた中園が理沙の受験勉強の家庭教師を買って出たことで治療を受け入れる。
石原理沙〈12〉
演 – 石井心咲
沙也加の娘。中学受験を控えており、中園が家庭教師になってくれたことを受け入れる。
第4話
石井直太朗
演 – 須賀健太(第5話)
がん患者。
徳田直美
演 – 清水ミチコ
肝細胞がん患者。

 

ゲストやキャストはこのようになっています。

本当に出演している人が豪華ですね。

 

 

【泣くな研修医】第5話感想と考察!見逃し配信の視聴方法は?今回は、泣くな研修医第5話感想と考察!についてやっていきます!さらに今回の放送分の第5話の見逃し配信の視聴方法は?あるのかということも紹...

泣くな研修医第5話の世間の声は?

 

小説で楽しんでいたり、ドラマで楽しんでいたりと多くの楽しみ方があるのですね。

数多くの楽しみ方があるのはいいですね!

 

 

泣くな研修医第5話あらすじとネタバレ!今回での追加キャストはいる?まとめ!

  • 毎回、展開が面白すぎます。
  • キャストもゲストも非常に豪華。
  • 今後の活躍にも期待です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。