美容

【自宅ホワイトニング】歯科が選ぶ歯磨き粉おすすめ3選!注意点とその効果は?

今回は、自宅ホワイトニングをする方が増えた今の世の中で何を選べばいいのかわからないという方向けに歯磨き粉おすすめ3選についてやっていきます!さらに、その注意点や効果はあるのかということも紹介していきます!

 

  • 自宅ホワイトニング歯科が選ぶ歯磨き粉おすすめ3選!
  • 自宅ホワイトニング注意点とその効果は?
  • 自宅ホワイトニングの世間の声は?

 

この3点を中心に話をしていきたいと思います!

 

ではやっていきます!

 

 

自宅ホワイトニング歯科が選ぶ歯磨き粉おすすめ3選!

画像

 

白く輝く美しい歯を手に入れたいと考えている方であれば審美歯科でのホワイトニングを検討しているかもしれませんが、歯を白くするのは自宅でも可能です。
ここでは、審美歯科に通わず自宅で歯を白くする方法をいくつかご紹介します。

 

ホワイトニング用歯磨き粉

ホワイトニング用の歯磨き粉を使用するというのは、もっともスタンダードな自宅でできる方法です。審美歯科でホワイトニングの施術を受けるのに比べると費用もリーズナブルなため、手軽にチャレンジできる方法ではないでしょうか。現在ではさまざまなメーカーからホワイトニング用の歯磨き粉がリリースされており、一度試してみる価値は十分あります。
実際にどの程度の効果が期待できるかというと、審美歯科でホワイトニングの施術を受けたときほど白くはなりません。どうしても限界はあり、多少白く綺麗になる程度です。ホワイトニング用の歯磨き粉には研磨剤をはじめとする成分が含まれていますが、メーカーや製品によって含まれる成分は異なります。含まれる成分によってセールスポイントが変わってきますが、効果そのものはそこまで大差ありません。

◇使用方法
歯磨き粉を使って、ブラッシングするように歯磨きをしていきます。もちろん、歯を白くすることが目的なので、そこを意識しながらブラッシングすることが大切なポイントです。もともと歯が白い方だと高い効果を得られますが、相当汚れが目立つ方にはあまりおすすめしません。

◇メリットとデメリット
メリットとしては、手軽でリーズナブルということが挙げられます。
一方、デメリットとしては、そこまで大きな効果を得られないということです。先述の通り、もともと歯が白い方であれば効果を期待できますが、汚れが酷い場合にはあまり大きな効果を得ることはできないでしょう。

◇注意点
研磨剤入りのホワイトニング用歯磨き粉を使用すると、一時的に歯を白くできるものの歯が着色しやすくなります。歯の表面に傷がついてしまうため、どうしても着色しやすくなるのです。
手軽に始められるホワイトニング用歯磨き粉ですが、メリットとデメリット、注意点を理解したうえで使用するようにしてください。

 

歯科が選ぶ歯磨き粉おすすめ3選

ブレスマイル薬用歯磨き粉

この歯磨き粉は、総合ランキング1位という実績のある歯磨き粉です。

多くの方が使用する分、信用や信頼があるので多くの方が購入しています。

この薬用歯磨き粉は、ホワイトニング効果に加え口臭予防効果もありますので口の中のことはほとんどケアしてくれます!

だからずっと1位なのですね!

 

 

 

 

 

白Nano歯磨き粉

この歯磨き粉もかなりすごいです!

ホワイトニング効果に加え、同じく口臭予防をしてくれます。

非常にお手ごろな値段で買うことが出来るので、先ほどのやつは少し高いなと感じた方に向いていますね!

 

 

 

 

 

ルシェロ歯磨き粉・歯ブラシ付き

この歯磨き粉は、ホワイトニング効果はもちろんこの歯磨き粉に合った歯ブラシを付属でつけてくれるのです。

このサービスに感動し、多くの方が購入しています!

歯磨き粉だけでなく、歯ブラシも非常に重要ですのでまとめて買えるのかなりお得です!

 

 

 

 

 

以上が自宅ホワイトニング歯磨き粉おすすめ3選でした!

この3選は本当に厳選したいいものばかりです。

 

この期間に歯を白くしたいという方や歯磨きのついでに歯が白くなったらいいなと感じている方にはかなりおすすめです!

 

 

自宅ホワイトニング注意点とその効果は?

 

 

ホームホワイトニングの注意点

ホワイトニング効果が出にくい歯とは?
ホワイトニングは「歯」の着色有機質を分解・漂白しますので、被せ物や詰め物自体は漂白することができません。他にも、歯の神経が死んでいる場合や神経の治療をしたことがある歯も白くなりにくいです。このような歯については、ホワイトニングではなく〈被せ物〉や、〈歯のマニキュア〉をすることで白く見せる方法があります。

ホームホワイトニングに適さない人とは?
ホームホワイトニングで使用する薬剤は、主に過酸化水素や過酸化尿素です。これらが発生させるラジカル(化学反応)によって漂白させていきますが、過酸化水素や過酸化尿素はホワイトニングで使用する濃度で身体に入ってしまうと、炎症を起こすことがあります。(※4)
身体に入らないようにマウスピースを着用するため基本的には心配ありませんが、妊娠中の方や授乳中の方の場合は、万が一の事に備えホワイトニングは控えることをお勧めします。
また、薬剤が発生させる刺激で痛みが出ることがありますので、虫歯や知覚過敏で悩んでいる場合は、それぞれの治療からスタートしましょう。

 

ホワイトニング効果を長持ちさせるには

せっかくホワイトニングをしてもすぐに着色するのであればちょっと考えてしまいますよね。
ホワイトニング後にどう対処するかも〈白さの続く期間〉を左右する重要なポイントになります。ホワイトニング後は以下のことに気を付けて、効果をより長持ちさせましょう。

着色成分の含まれる飲食物・嗜好品に注意
ステイン(=着色汚れ)の原因となる飲食物といえば、コーヒー・お茶・ワインなどが思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。他にも、色の強い食べ物や飲み物は着色成分が多く含まれています。
これらのものを摂取した後、汚れがこびりつく前にすぐに落とすことが《色戻りの防止》に有効です。飲食の直後や、タバコを吸った後などにもお水で口をゆすぐ習慣をつけましょう。

 

 

自宅ホワイトニングの世間の声は?

 

 

継続は力なりということですね。

ずっと続けていけば必ず効果は出ます!

普段している歯磨きに、歯磨き粉を変えるだけですからね(笑)

 

ぜひこの機会に挑戦していきましょう!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。