ドラマ

【リコカツ】全話ネタバレまとめ!第5話での追加キャストはいる?

今回は、リコカツの今までの全話ネタバレまとめ!についてやっていきましょう!さらに今回放送された第5話での追加キャストはいるのかどうかも紹介していきます!

 

  • リコカツの今までの全話ネタバレまとめ!
  • リコカツ第5話での追加キャストはいる?
  • リコカツの世間の声は?

 

この3点を中心に話をしていきます!

 

ではやっていきましょう!

 

 

リコカツの今までの全話ネタバレまとめ!

 

リコカツ』は、2021年4月16日からTBSテレビ系「金曜ドラマ」で放送されているテレビドラマ。主演は北川景子

 

編集者の水口咲は、自衛官の緒原紘一と運命的な出会いを経て結婚。周囲からも祝福されるが、早い段階で反りが合わず離婚を決意。しかし、その旨を周囲に伝えることが出来ず、水面下で離婚に向けた活動(リコカツ)を開始する。

 

 

 

北川景子、永山瑛太が結婚早々離婚しようとする夫婦を演じる「リコカツ」。その第4話が5月7日放送。妻の元カレと出くわした際の永山さん演じる紘一の“動揺”ぶりと、ラストの“優しいハグ”に多くの視聴者からの反応が集まっている。

 

 

北川景子、永山瑛太が結婚早々離婚しようとする夫婦を演じる「リコカツ」。その第4話が5月7日放送。妻の元カレと出くわした際の永山さん演じる紘一の“動揺”ぶりと、ラストの“優しいハグ”に多くの視聴者からの反応が集まっている。

 

【リコカツ】1話ネタバレ

あらすじ 運命の出会いは間違いだった!?

主人公・水口咲(北川景子)はファッション雑誌の編集者。3ヶ月前に航空自衛隊航空救難団の緒原紘一(永山瑛太)と運命的な出会いをして、スピード結婚をした。

ところが、自由奔放に育った咲と厳格に育った紘一は食事、ファッション、センス、生活に求めるものなど、何もかもが正反対だった。

その上、紘一は頑固で咲に自分の考えを押し付けてきた。ついに、咲の不満が爆発。紘一も言い争いになり、お互いに「離婚だ」と言い放ってしまう。

ただ、スピード離婚では両親や同僚に示しがつかない。そこで2人は結婚生活を維持したまま、離婚に向けた“リコカツ”を開始する。

さらに紘一の母・薫(宮崎美子)と父・正(酒向芳)も離婚を決意。咲の父・武史(佐野史郎)と母・美土里(三石琴乃)の間にも不穏な空気が漂っていて。

 

 

【リコカツ】2話ネタバレ

あらすじ 家族全員リコカツ開始!

咲(北川景子)が紘一(永山瑛太)との離婚に向けた活動“リコカツ”をする中、大事件が勃発する。

なんと紘一の母・薫(宮崎美子)が離婚届と「お世話になりました」というメッセージだけを残して家を出て行ってしまった。

さらに咲の実家でも事件が起きる。母・美土里(三石琴乃)が夫・武史(佐野史郎)の浮気を確信。証拠を押さえると共に離婚に向けて行動を開始していた。

その後、咲は仕事の為に夫婦でパーティに出席することになる。紘一も咲の熱意に押されパーティに向けて準備を開始する。

ところがパーティの日は夫婦で参加するべき自衛隊のバーベキュー大会の日と重なっていることが発覚。

さらに密かに紘一に想いを寄せていた自衛隊の女性隊員・一ノ瀬純(田辺桃子)がとんでもない行動に出てしまう。

 

 

【リコカツ】第3話ネタバレ

あらすじ リコカツ新婚旅行で大波乱!?

紘一(永山瑛太)との離婚を決意し、リコカツをしている咲(北川景子)。だが、紘一はリコカツ中でも自分を守ってくれ、咲は素直に感謝する。

そんな中、咲の母・美土里(三石琴乃)が2人の新居に押しかけ、「ここに住むから」と言ってきた。夫・武史(佐野史郎)の浮気が発覚し、美土里も離婚するとのこと。その上、姉の楓(平岩紙)と姪の梓(夏野琴子)まで押しかけてきた。

一方、インスタから家を出て行った紘一の母・薫(宮崎美子)が箱根の温泉旅館で働いていると判明。だが、夫の正(酒向芳)は相変わらず頑固なまま。迎えに行くのを拒否した為、咲と紘一は休暇を取って薫の元に向かうことにする。

周囲からは「いよいよ新婚旅行」と囃し立てられる。咲と紘一はリコカツ中ではあるが、初めての旅行をどこかで楽しみにしていた。

そして、リコカツ新婚旅行の日。咲は薫から紘一が結婚を決めた理由を聞かされて。

 

 

【リコカツ】第4話ネタバレ

あらすじ ライバルが続々出現!?

偽装新婚旅行中に紘一(永山瑛太)は咲(北川景子)に精神的に支えて貰い、咲の方は紘一が自分と結婚を決めた理由を知り胸を打たれる。

リコカツ中であるが初めて2人は心が通じ合った気がした。

ところが帰宅すると咲の元カレである青山貴也(高橋光臣)がいた。咲の母・美土里(三石琴乃)の離婚調停を弁護士として請け負ったという。

紘一はジムで仲良くなった貴也が咲の元カレと知り、再び咲との距離を置いてしまう。

翌日、咲は異動になった文芸部で恋愛小説家・水無月連(白洲迅)の担当となる。連は小説のネタとして咲に興味を持ち始める。

そんな中、美土里は勝手に咲の新居でパーティを開く。そこには貴也も招待されていた。さらに紘一に思いを寄せている女性隊員・一之瀬(田辺桃子)もやって来てしまい。

 

 

【リコカツ】第5話ネタバレ

あらすじ 仕事か家庭か?再びの亀裂!

両親の離婚騒動を通じて再び咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は心が惹かれあった。リコカツは止め、やり直すことを誓い合う。

その矢先、紘一の父・正(酒向芳)から緊急の連絡が入る。薫(宮崎美子)が自宅に戻ってきたが今度こそと正式に離婚を迫ってきたのだ。咲と紘一は急いで向かうが薫の決意は固い。

翌日、咲は薫から紘一の好きな料理を教えて貰えることに。ところがその流れで何故か花嫁修業をする羽目に。

一方、紘一は母・美土里(三石琴乃)から離婚を突きつけられて落ち込んでいた武史(平田満)の様子を見に実家に。ところがそこには武史の浮気相手と思われる里奈(中田クルミ)がいた。さらに離婚届を預かった貴也(高橋光臣)もやってきた。

その流れで紘一は何故か武史達とすき焼きを食べる羽目に。

その後、紘一は咲のことを考え、職場である基地に近い実家への引越しを提案。ところが咲は担当の小説家・水無月連(白洲迅)から大きなチャンスを与えられ、仕事に打ち込みたいと考えていた。

仕事か家庭か。心が通じ合ったと思った矢先、再び咲と紘一に亀裂が。

 

 

このようなあらすじになっていますね!

非常に展開が読めなくて面白すぎます(笑)

 

 

リコカツ第5話での追加キャストはいる?

リコカツ相関図3

 

キャスト

主要人物

水口咲(みずぐち さき)〈33〉
演 – 北川景子(9歳時:稲垣来泉
本作の主人公。泉潮社のファッション誌編集部員。誰もが嫉妬するほどの美女。雪山遭難をした際に紘一に助けられ、その縁で彼とデートをした際にプロポーズされ、交際0日にして結婚。しかし、次第に分かってきた彼との価値観や生活習慣の差異に限界を感じ、離婚話を切り出す。文芸部に異動となる。
緒原紘一(おばら こういち)
演 – 永山瑛太
航空自衛隊航空救難団のエース隊員。1等空曹。咲が雪山遭難した際に救助に駆けつけ、そこで彼女の笑顔を見て「この人を守るためにこの仕事に就いたんだと思った」と運命を感じ、初デートにして彼女に熱烈なプロポーズを行う。受け入れられて晴れて結婚したものの彼女から不満を漏らされ、自身も「思っていた結婚生活と違う」として離婚協議に乗る

 

水口家

水口武史(みずくち たけし)
演 – 佐野史郎(第1話 – 第3話) → 平田満(第4話 – )
咲の父。大手広告代理店に勤務していた。
水口美土里(みずぐち みどり)
演 – 三石琴乃
咲の母。エッセイ本が人気の美魔女モデル。
武史が明確に浮気しているのを認めたことが許せず、離婚するつもりで咲と紘一の新居に押しかける。
鹿浜楓(しかはま かえで)
演 – 平岩紙(少女期:高丸えみり
咲の姉。母・美土里と同じく夫との離婚を画策している。
鹿浜梓(しかはま あずさ)〈8〉
演 – 夏野琴子
楓の娘。小学2年生。

 

咲の関係者

青山貴也(あおやま たかや)
演 – 高橋光臣
弁護士。咲の元カレ
水無月連(みなづき れん)
演 – 白洲迅(第3話 – )
恋愛小説家
三本木なつみ(さんぼんぎ なつみ)
演 – 大野いと
泉潮社のファッション誌編集部員。咲の後輩
大崎哲郎(おおさき てつろう)
演 – 松永天馬
泉潮社のファッション誌「marie claire mode」編集長。
小松原京子(こまつばら きょうこ)
演 – 濱田マリ(第4話 – )
泉潮社の文芸部長。
岩田三十五(いわた みつこ)
演 – 椿原愛(第4話 – )
泉潮社の文芸部編集員。

 

緒原家

緒原正(おばら ただし)
演 – 酒向芳
紘一の父。元自衛官。亭主関白
緒原薫(おばら かおる)
演 – 宮崎美子
紘一の母。
正に結婚指輪と離婚届を残し家出し、箱根の温泉旅館「陣屋」で住み込みの仲居として自立する。

 

 

紘一の関係者

一ノ瀬純(いちのせ じゅん)
演 – 田辺桃子
紘一の航空救難団での後輩。救難ヘリコプターの副パイロット。3等空尉。
紘一へ好意を伝える前に紘一が咲と結婚してしまったため、バーベキューの際に咲を森で迷わせようとしたり、美土里の誕生日パーティーにおでんと筑前煮を持ってくるなど咲に嫌がらせを行なう。
重森敦(しげもり あつし)
演 – 菅原卓磨
航空救難団隊長。救難ヘリコプターのパイロット。2等空佐。
早乙女大(さおとめ だい)
演 – 池田大
航空救難団メディック(救難員)。2等空曹。
狩場学(かりば まなぶ)
演 – 吉田涼哉
航空救難団の機上整備員。空士長。
谷雅樹(たに まさき)
演 – 柴田勇貴
航空救難団メディック(救難員)。空士長。

 

その他

城木里奈(しろき りな)
演 – 中田クルミ(第2話)
咲の父・武史と怪しい関係を持つ女性
立川誠実(たちかわ せいじ)
演 – 中山麻聖(第2話)
咲の母・美土里の新著を担当するフリーの編集者
松山あざみ(まつやま あざみ)
演 – 松川星
箱根の温泉旅館「陣屋」の仲居。薫の年下の先輩。

 

ゲスト

第壱話[

中谷ユミ(なかたに ユミ)
演 – 武田玲奈(第2話)
泉潮社の編集部員。咲の後輩。自分の企画が没にされ咲の企画が採用されたことを「咲の見た目がいいから採用された」と逆恨みし、咲からパワハラを受けたと人事部に音声データを送って告発し、編集の仕事から追い払おうとする。
人事部長
演 – 奥田達士
泉潮社の人事部長。ユミの告発をパワハラをしたとまでは言えないと判断しつつも、チームの足並みが乱れているとして会社のために咲に企画を断念するようにと通告する。
まさみ
演 – 天木じゅん
ジムにいた女性。夫が紘一を彼女の浮気相手だと誤認したため、居合わせた貴也が誤解を解いた。
まさみの夫
演 – ねりお弘晃
紘一を妻の浮気相手と誤認し襲い掛かり紘一の首を絞めるが、紘一は微動だにしなかった。
結婚披露宴の司会
演 – やす子(第2話)
紘一の同僚である自衛隊員。バーベキューにも参加していた。
八代英輝
演 – 八代英輝(本人役
離婚指南本「リコカツのススメ」の帯に推薦文とともに顔写真が掲載されている

 

第弐話

八島
演 – 谷田歩月船さらら(第3話)
ラルフ・ローレンのバイスプレジデントとマーケティングディレクターの夫婦。
理想のパートナーのライフスタイルとファッションを紹介する記事の企画を泉潮社からオファーされ、取材を受けるのに記事の担当者を直接会って決めるという条件を提示し、担当者を深く知るために咲と紘一がパーティーに出席することを要請する。

 

キャストもかなり豪華でですね!

このキャストだからこそ面白いですよね!

 

 

【リコカツ】第5話あらすじ・ネタバレまとめ!見逃し配信の視聴方法は?今回は、リコカツの第5話が公開されましたのでそのあらすじとネタバレについてやっていきましょう!さらに今回放送された第5話の見逃し配信の視...

 

 

リコカツの世間の声は?

 

人気ドラマの一つですよね!

みんなが見ているといっているくらいの視聴率です!

 

来週のリコカツも楽しんでいきましょう!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。