ドラマ

ドラマ【DIVE!!】第6話での追加キャストはいる?感想と考察も!

今回は、ドラマDIVE!!の第6話の追加キャストはいるのかということについてやっていきます!さらに、今回の放送分の感想と考察も紹介していきます!

 

  • ドラマDIVE!!第6話での追加キャストはいる?
  • ドラマDIVE!!第6話感想と考察!
  • ドラマDIVE!!の世間の声は?

 

この3点を中心に話をしていきたいと思います!

 

ではやっていきます!

 

 

ドラマDIVE!!第6話での追加キャストはいる?

画像

 

DIVE!!』(ダイブ)は、森絵都による、水泳飛込み競技を題材とした「スポ根青春小説2000年から2002年にかけて、講談社より全4巻が刊行された。第52回小学館児童出版文化賞受賞作。2006年角川文庫より文庫版(上・下)が発売された。

2003年NHK-FMの「青春アドベンチャー」でラジオドラマ化、熊澤尚人監督で映画化、2008年6月公開。また、池野雅博作画で漫画化されたものが『週刊少年サンデー2007年28号より2008年27号まで連載された。2017年より、紅柴るづる作画による新たな漫画版が『ヤングエース』2017年7月号から2018年10月号まで連載された。2018年9月に舞台版が上演された。2021年4月よりテレビ東京ドラマホリック!」枠にてドラマ化予定

 

直木賞受賞作家・森絵都のベストセラー小説をドラマ化した本作は、所属するダイビングクラブの存続のために、飛込競技でオリンピックを目指す高校生たちの挑戦と友情を描いた青春ドラマ。HiHi Jets/ジャニーズJr.の井上瑞稀、髙橋優斗、作間龍斗がトリプル主演。本記事では毎週放送後に本作の魅力を紐解いていく。

 

 

確かにこのボディを見るために見ている人も少なくなさそうです(笑)

坂井知季の通うミズキダイビングクラブ(MDC)は赤字経営による存続の危機に陥っていた。窮地に立たされたMDCのもとに現れた、新コーチ・麻木夏陽子が提案したクラブ存続の条件は「次の年のオリンピックにMDCから日本代表選手を送り出す」というものであった。学生ならではの悩みも抱えながら、選考会に向けて、知季たちの過酷な練習の日々が始まった。

 

 

 

キャスト(テレビドラマ)

 

スタッフ(テレビドラマ)

 

 

HiHi Jets・井上瑞稀、高橋優斗、作間龍斗主演で、森絵都の同名小説をドラマ化。ダイビングクラブ「MDC」に所属する高校1年生の知季(井上)は、練習ばかりの毎日に疑問を感じていた。そんな中知季は、父親がコーチで親子2代の五輪出場を狙う要一(作間)の自主練習を目にし、彼に圧倒される。

 

 

 

このようなキャストになっていますね!

 

 

ドラマDIVE!!第6話感想と考察!

 

第6話感想

そんな中ついに、知季が実際に飛び込み台から4回半に挑戦する。だが、やはり最初はなかなか上手くいくものではない。不完全なまま飛び込んだ衝撃で打ち付ける肩を押さえる様子がすごく痛々しい。
でも、麻木コーチが知季を買う理由がはっきりした。これまでも「目」ということをちらつかせてはいたが、つまりは「動体視力」だった。知季はすれ違う電車の乗客の服装や表情なども見極められるらしい。見えない側のわたしからしたら、それってめちゃくちゃ疲れてしまいそうだけど、見える側の知季にとっては当たり前のことだから、それがすごいことだとすら気づかなかった。そんな目のことを“ダイヤモンドの瞳”というらしい。今回の飛び込みの前、知季のアップで瞳の綺麗さがすごく印象に残ったけど、そういうことだったのか…! そして異常なほど飛び込みに集中する知季は、ついに4回半をモノにした。
一方、着々と前進する知季と飛沫に対して、自分のやり方に不安を感じ始める要一。この人もまた人の子だったのだなと分かる。どこか浮かない表情でプールを出る要一に、麻木コーチは悩んでいることを感じ取り、アドバイスを送る。しかも、ちゃんと答えを見つけさせた。本当にこのコーチは有能なのだ。
これまで、先を行く知季に嫉妬し、要一にアドバイスを受ける飛沫を見ては「ライバルにもアドバイスするんだね」と皮肉を言っていた陵とレイジ。正直、憎たらしさにちょっと嫌いにすらなりそうだったけど、自分たちも4回半に挑戦しようとして、初めて知季のすごさが身に染みたらしい。たしかに、同じことをしてみて初めて見えてくるものってある。話しかけてきた時はまた憎まれ口でも叩くのかと思いきや、ちゃんと謝罪してくれた。「ガキみたい」と、本人に自覚があったようで何よりだ。5話にしてようやく、走り出した無邪気な3人の背中を笑顔で見送れた。

 


坂井知季(井上瑞稀)は、難易度の高い技の練習がうまくいかず、何度も失敗してしまう。
知季の様子を見た富士谷要一(作間龍斗)は麻木夏陽子(馬場ふみか)に新技への無謀なチャレンジは知季の為にならないと文句を言うが、夏陽子にはある確信があり….。
一方、知季はロッカールームで倒れてしまった沖津飛沫(髙橋優斗)を心配するが…。
そして、要一自身も知季と飛沫の2人に触発され、高度な技にチャレンジしたいとコーチの富士谷敬介(村上淳)に申し出る。
さらに、失敗続きで弱気になっている知季に夏陽子はあるアドバイスをする。

 

これまでほとんどオリンピックなんか意識していなかったであろうMDCのメンバーたちだが、陵(佐久本宝)とレイジ(望月歩)はやる気のようだ。たしかに、ワンチャンやってみっか! というのも分からんではない。でも、知季(井上瑞稀)は4回転半をやれと言われて動揺する。いや、本当に麻木コーチが知季のことを買っている理由を早く教えてあげてほしい。「要一にも飛沫(髙橋優斗)にもない才能」なんて、そんなじれったい言い方しないで…!
4回転半習得のための基礎練習をせっせとこなす知季を尻目に、バンバン飛び込みまくる要一と飛沫。ただ、飛沫はやっぱり入水が課題のようだ。「要一を見習え!」なんて注意、大層腹を立てるんじゃないかと思ったけど、「お前スゲーんだな」とあっさり認める。…ん? 意外と素直なんだね? でも、おじいちゃんから教わった飛び込みは修正したくないらしい。この人の優先順位というか、大事にしているものが明確で信頼できる。
日々厳しい練習をこなす様子に、このドラマがスポ根だったことを思い出す。ここまで、MDCの選手たちの心の様子の方にばかり目が向いていたせいだろう。それくらい、演じている俳優陣の動きや表情が繊細で見応えがあるのだ。そしてついに、選考会まであと35日。心なしか知季を演じる井上瑞稀の体がしまったように感じた。ただ、彼はまだ4回転半成功の糸口を掴めていない。
そんな中、麻木コーチから与えられた束の間のオフだったが、飛沫の水着選びに要一と知季が付き添うことに。陵、レイジと仲違いしてから、知季の孤独がちょっと目立ってしまっていたが、久しぶりに仲間とじゃれている様子に和んだ。男子高生3人のオフ、ずっと見ていたいと思った視聴者も多かったはず。願わくばこれで1本スピンオフを作ってほしい。

 

 

ドラマ【DIVE!!】第6話のあらすじ・ネタバレまとめ!無料見逃し配信は?今回は、ドラマDIVE!!の第6話のあらすじ・ネタバレまとめ!についてやっていきます!さらに今回の放送分の無料見逃し配信の方法はあるのか...

 

ドラマDIVE!!第6話の世間の声は?

 

次の展開が非常に気になりますね(笑)

早く来週にならないかな!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。