ドラマ

【桜の塔】第5話あらすじ・ネタバレまとめ!見逃し配信の視聴方法は?

今回は、桜の塔の第5話のあらすじ・ネタバレまとめ!についてやっていきます!さらに、今回の放送分の第5話の見逃し配信の視聴方法はあるのかということについても紹介していきます!

 

  • 桜の塔第5話あらすじ・ネタバレまとめ!
  • 桜の塔第5話見逃し配信の視聴方法は?
  • 桜の塔第5話の世間の声をチェック!

 

この3点を中心に話をしていきたいと思います!

 

ではやっていきます!

 

 

桜の塔第5話あらすじ・ネタバレまとめ!

画像

 

桜の塔』(さくらのとう)は、テレビ朝日系「木曜ドラマ」枠で2021年4月15日から放送されているテレビドラマ。主演は玉木宏

 

日本全国で活動する警察官は約25万人。その頂点に君臨するのが警視総監である。警視庁刑事部捜査共助課理事官上條漣警視はそのたった一人しか就くことが許されない椅子に座ることを目指す野心家である。総監になるためにはどんな手段も選ばない冷酷な姿勢を、漣の幼馴染である警視庁刑事部捜査一課主任・水樹爽警部補は危機感を感じながらも彼を気にかける。

 

 

漣がそこまでして総監の座を狙う理由は、幼少期に起きた父親で元刑事の上條勇仁の死にあった。漣は父親の死の真相を明らかにするには警察組織で一番の権力を持つ警視総監にならなければいけなかったのである。警視庁内に存在する「東大派」「薩摩派」「外様派」の派閥争いや凶悪犯罪などに巻き込まれながらも「桜の塔」を駆け上がっていく漣の戦いが始まった。

 

 

 

第5話あらすじ・ネタバレまとめ!

 今から23年前に、警視庁で幅を利かせる「薩摩派」派閥の幹部が中心となり、組織ぐるみで行っていた押収品の横流し事件――。

 

 

その真相を告発しようとしていた警察官の父・勇仁(岡部たかし)を“自殺”に追い込んだのが、自らが所属する「外様派」派閥のトップである刑事部長・千堂大善(椎名桔平)だと知った警視庁キャリア組の警察官・上條漣(玉木宏)。追及された千堂は、勇仁に告発させないよう卑怯な脅しをかけ、“自殺”へ誘導したことを認める。だが、唯一の証拠である防犯カメラのビデオテープは画像が粗く、たとえ科捜研でも居合わせたのが千堂本人だと特定するのは不可能…。千堂は不気味なまでの自信をにじませながら、「俺はお前ごときが倒せる相手じゃないんだよ」と言い放つ。

 

 

前途を絶たれ、怒りと悔しさに身を震わせる漣。だが、彼は諦めなかった。狡猾な千堂のことだから、ほかの事件でも不正や汚職に手を染めているはずだ。――そう考えた漣は、殺された父の復讐を心に誓う!

 

漣は告発材料をあぶり出すため、千堂らと次期警視総監の座を争っている「東大派」派閥の警務部長・吉永晴樹(光石研)に相談。千堂の失脚を望みつつも、漣と手を組むのは危険だと判断した吉永は協力を拒否するが、ふと独り言のように「5年前の傷害事件でなぜ犯人が捕まらないのか不思議でならない」と漏らし…!?

 

これは何かのヒントだと察した漣は、幼馴染でもある捜査一課主任・水樹爽(広末涼子)と共に、傷害事件の資料を精査。千堂が事件捜査の指揮をとっていたことを知る。そんな中、漣は婚約者である千堂の娘・優愛(仲里依紗)の何気ない話が引っかかり…。

 

このような回ですね。

このドラマもそうですが本当に展開の読めにくい構成になっていますので、非常に最後まで楽しめます!

 

【桜の塔】全話のネタバレまとめ!第5話での追加キャストはいる?今回はm桜の塔の今までの全話のネタバレまとめ!についてやっていきます!さらに今回の放送分の第5話での追加キャストはいるのかということにつ...

 

桜の塔第5話見逃し配信の視聴方法は?

 

現在時点ではないようですね。

 

YouTubeにアップされるのを待つか、オンデマンドなどサービスを利用して見るかしかないようです。

 

それか録画しておくのが一番です(笑)

他人に録画しておいてもらうのもいいかもしれないです(笑)

 

今、一番人気で申し込みが殺到しているのがU-NEXTです(笑)

コミックを呼んでドラマを見て永遠ループしてる人が多いです!

 

無料でお試しが出来るのでぜひ試してみてください!

韓流LP

 

この沼にはまってみてはいかがでしょうか(笑)

 

 

桜の塔第5話の世間の声をチェック!

 

多くの方の評価が非常に高いですね!

これは面白いドラマなので、知らない人に拡散してほしいです(笑)

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。