ドラマ

【声春っ!】ドラマ第4話の感想・考察!あらすじとキャストは?

今回は、声春っ!のドラマ第4話の感想・考察についてやっていきましょう!さらに、今回の放送分のあらすじとキャストについても紹介していきます!

 

  • 声春っ!ドラマ第4話の感想・考察!
  • 声春っ!あらすじとキャストは?
  • 声春っ!の世間の声は?

 

この3点を中心に話をしていきます!

 

ではやっていきましょう!

 

 

声春っ!ドラマ第4話の感想・考察!

画像

 

声春っ!』(こえはるっ)は、 2021年4月29日(28日深夜)から日本テレビで放送されている日向坂46が主演するテレビドラマ作品である

 

日向坂46としては同局で2020年に放送された『DASADA』以来となるテレビドラマ番組である。(曜日時間ともに同じ枠での放送)青春声優がテーマとなっている。

 

 

日向坂46×声優×青春
“夢”は声にしないと伝わらない、届かないーー。
アイドルグループ日向坂46のメンバーが声優を目指す少女を演じる、笑って泣ける青春ドラマである本作。

 

 

第4話の感想・考察

話し下手を克服しつつあった日ノ輪めいこ(佐々木美玲)を見て、同じく話すことに対してコンプレックスを抱いている愛理はめいこを師匠と呼び、弟子入りすることに。師匠から何かを学ぼうと肩を寄せ合い密着する2人の関係性に思わず笑みが溢れてしまいそうになる。
しばらく共に行動する2人だったが、ある時愛理は芸能プロダクションからスカウトされてしまう。その場では返事を保留にしていたが、ドレミ荘の仲間には内緒でモデルとして活動していたことが発覚。それを聞いて戸惑うめいこに愛理は「師匠なら分かってくれると思ってたのに……」と思わず感情を爆発させる。楽しいだけじゃない軋轢が生じるのも青春ドラマとしては王道の展開だ。その後、愛理が声優の夢を諦めたと勘違いして熱く力説するめいこの姿は第1話で内向的だった人物とは思えない。声優という夢、そしてドレミ荘の仲間との出会いが、めいこを成長させているのだろう。
それにしても、「DASADA」以来のドラマ出演となる上村の唯一無二の存在感につい夢中になってしまった。演技についてはまだまだこれからだろうが、彼女の持つ空気感はアイドルとして天性のもの。まだまだ奥が深そうで、回を重ねるにつれて女優として成長する姿を見るのが楽しみだ。

 

うまく喋れないことにコンプレックスを抱く、日ノ輪めいこ(演:佐々木美玲)の心の拠り所は、人気漫画家・金閣寺炎上が描く「涙色戦記」であった。ある日、「涙色戦記」のアニメ化及び、ヒロインオーディション開催の情報を知っためいこは、「金閣寺炎上作品の世界に入りたい」との夢を叶えるため、そして自分自身を変えるため、きらめき声優学園に入学する。入学初日からトラブルに巻き込まれためいこだったが、元気で明るい少女の天道まな(演:丹生明里)に救われる。他にも個性豊かな学生が集まったのだが、彼女らは、めいこと同じ学生寮・ドレミ荘のメンバーであった。そんな中、めいこは幼い頃からちょっかいをかけてくる、尼崎あまね(演:渡邉美穂)も入学していることを知り、一気に落ち込んでしまう。

果たして、めいこは声優になり、夢であった金閣寺炎上作品に出演することができるのか。少女たちの声優青春物語を描く

 

 

草間愛理(上村ひなの)やきらめき声優学園のクラスメイト達から、次々と声をかけられるようになり、驚きつつも喜ぶめいこ(佐々木美玲)は楽しい学園生活を過ごしていた。
そんなある日、声優のアドリブ力が問われる実習で実技課題を振られる愛理。課題に取り組む愛理だったが、思いの外グダグダな対応になってしまいクラスメイトから引かれてしまうのだった。愛理は、話の整理がつかずトークが上手くいかないことで悩んでいることをドレミ荘メンバーに打ち明ける。
そこで、めいこから学ぶため、師匠と呼び、弟子入り宣言をする愛理。それに対してめいこは戸惑いながらも行動を共にすることになるが…。

 

 

きらめき声優学園に入学して1ヶ月が立ち、めいことまなの関係性も深まり始めていた。一方で、コミュ力、身体能力、知識力、笑顔力、どれをとっても敵うものがないまなに対して劣等感に苛まれていためいこ。そんな中、まなには人に知られたくない過去があった。
まなは昔、天才剣道少女と呼ばれマスコミからも注目されていたが、自転車事故が原因で剣道ができない身体になっていたのだ。過去を知っためいこは「なにそれ、最高のエピソードじゃん」「私がライバルなんてほんと意味分かんない」と、まなに対して八つ当たりをしてしまう。自己評価が極端に低いめいこにとって、まなが過去に天才剣道少女として名を馳せていたことにさらなる劣等感を抱くのも無理はない。
しかし、「やっぱりめいこちゃんは“はなまるちゃん”、私のライバルだ」と笑顔で答えるまな。思ってもいない楽観的な返答に困惑するめいこに対して、ライバルを前提に付き合ってほしいと提案するのだった。うまく喋れないことをコンプレックスに感じていためいこが、自分の気持ちを素直にぶつけられるようになったのは大きな成長だ。それもまたまなの素直な人柄、そしてドレミ荘のメンバーとの出会いがあったからこそと言えるだろう。第2話にして名コンビの予感を漂わせる。

 

声春っ!第4話あらすじとキャストは?

 

第4話あらすじ:憧れと嫉妬

岩尾先生(平野綾)から校内オーディションの開催が告げられ、色めき立つ一同。特に月川雪菜(金村美玖)と本田多恵(河田陽菜)の二人は、憧れのまりりん&るびーの妹分的アイドルトリオのオーディションと知って興奮が止まらない。
一方めいこ(佐々木美玲)はオーディション課題に歌唱や創作ダンスなどがあると聞いて最初受験をためらっていたが、大好きな炎上先生も夢中のシリーズと知り、挑戦を即決する。結局ドレミ荘メンバー全員がオーディションを受けることとなり、テンションMAXの雪菜のリードで、まずはセルフプロデュースの一環と皆でショッピングセンターへ買い物に向かうのだが…。

草間愛理(上村ひなの)やきらめき声優学園のクラスメイト達から、次々と声をかけられるようになり、驚きつつも喜ぶめいこ(佐々木美玲)は楽しい学園生活を過ごしていた。
そんなある日、声優のアドリブ力が問われる実習で実技課題を振られる愛理。課題に取り組む愛理だったが、思いの外グダグダな対応になってしまいクラスメイトから引かれてしまうのだった。愛理は、話の整理がつかずトークが上手くいかないことで悩んでいることをドレミ荘メンバーに打ち明ける。
そこで、めいこから学ぶため、師匠と呼び、弟子入り宣言をする愛理。それに対してめいこは戸惑いながらも行動を共にすることになるが…。

 

うまく喋れないことにコンプレックスを抱く、日ノ輪めいこ(演:佐々木美玲)の心の拠り所は、人気漫画家・金閣寺炎上が描く「涙色戦記」であった。ある日、「涙色戦記」のアニメ化及び、ヒロインオーディション開催の情報を知っためいこは、「金閣寺炎上作品の世界に入りたい」との夢を叶えるため、そして自分自身を変えるため、きらめき声優学園に入学する[12]。入学初日からトラブルに巻き込まれためいこだったが、元気で明るい少女の天道まな(演:丹生明里)に救われる。他にも個性豊かな学生が集まったのだが、彼女らは、めいこと同じ学生寮・ドレミ荘のメンバーであった。そんな中、めいこは幼い頃からちょっかいをかけてくる、尼崎あまね(演:渡邉美穂)も入学していることを知り、一気に落ち込んでしまう[13]

果たして、めいこは声優になり、夢であった金閣寺炎上作品に出演することができるのか。少女たちの声優青春物語を描く

 

今後の展開が非常に楽しみです!

 

【声春っ!】第4話あらすじとネタバレ!無料見逃し配信の視聴方法も!今回は、ドラマ声春っ!の第3話のあらすじとネタバレ!についてやっていきましょう!さらに今回放送された第4話の無料見逃し配信の視聴方法も!...

 

声春っ!の世間の声は?

 

聖地巡礼する人も多そうですね!

 

これは面白いドラマなので多くの人に拡散してほしいです(笑)

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。