ドラマ

ドラマ【大豆田とわ子と三人の元夫】第5話ネタバレ・あらすじ!追加キャストはいる?

今回は、ドラマの大豆田とわ子と三人の元夫の第5話ネタバレ・あらすじについてやっていきます!さらに今回の放送分で追加キャストはいるのかということまとめてやっていきます!

 

  • ドラマ大豆田とわ子と三人の元夫第5話ネタバレ・あらすじ!
  • 大豆田とわ子と三人の元夫第5話追加キャストはいる?
  • 大豆田とわ子と三人の元夫の世間の声は?

 

この3点を中心に話をしていきたいと思います!

 

ではやっていきます!

 

 

ドラマ大豆田とわ子と三人の元夫第5話あらすじ・ネタバレまとめ!

画像

 

建設会社「しろくまハウジング」社長、大豆田とわ子には三度の離婚歴がある。ある日とわ子は亡くなった母が使っていたパソコンのパスワードロックを解くため、設定したと思われる元夫たち三人(田中八作・佐藤鹿太郎・中村慎森)に連絡を取る羽目になってしまう。再会をきっかけにとわ子は自身の娘・大豆田唄を交えて、八作の経営するレストラン「オペレッタ」で元夫たちと度々会うようになる。とわ子は慣れない社長業に苦慮しながらも「幸せになることを諦めていない」と元夫たちに宣言する。元夫たちも結婚時に輝くような時間を過ごしたとわ子への未練を抱きつつも、八作は親友の恋人・三ツ屋早良から迫られ、カメラマンの鹿太郎は仕事で知り合った女優・古木美怜に不倫スキャンダルの隠れ蓑として交際するふりをするよう頼まれ、弁護士の慎森は派遣切りにあったと称する依頼人・小谷翼からの身に覚えのない問いかけに頭を抱えるなど、周囲の女性たちに振り回されてゆく。

 

大豆田とわ子と三人の元夫』(おおまめだとわことさんにんのもとおっと)は、2021年4月13日からカンテレ制作により、フジテレビ系火曜21時枠」で放送中の坂元裕二・脚本によるテレビドラマ。主演は松たか子

公式サイトではハッシュタグとして「#まめ夫」の略称を用いている

オープニングコール、エンディングコールは劇中で大豆田とわ子を演じる松たか子が行っている。

 

 

 

ある日、閉店後のレストラン・オペレッタ。
この店のシェフ、八作(松田龍平)、慎森(岡田将生)、鹿太郎(角田晃広)と、デリバリー配達員のカレン(高橋メアリージュン)、アルバイトのタカト(小泉光咲)の5人は、客が忘れたビンゴマシンに、新たな可能性を見出している。おもむろにビンゴボールを引き、そこに書かれた数字を見つめる。

 

 

主題歌はSTUTS & 松たか子 with 3exesによる「Presence」。STUTSはトラック制作と楽曲プロデュース、松はメインヴォーカルを担当。「3exes」はとわ子の元夫たちを演じる岡田将生、角田晃広、松田龍平によるコーラスである。作詞は松のヴォーカルパートがbutajiとSTUTS、ラップパートのリリック・ディレクションはKID FRESINOが担当した

作品中の主題歌およびエンディング映像は毎回変わり、#4(第4話)までのところ主題歌「Presence」に、松のヴォーカルに加えて毎回違うゲストラッパーと、その週の中心となるキャストが参加してラップを披露する映像が流れる形となっている。また各回のゲストラッパーはキャストのラップ担当部分も制作し、その回のドラマ本編にもカメオ出演している

 

 

第5話のあらすじ!

 

とわ子(松たか子)の誕生日が近づくある日、唄(豊嶋花)が開業医の息子である彼氏と18歳になったら結婚することを宣言し、とわ子を困惑させる。後日、かごめ(市川実日子)に相談してみたものの、いつしか話題は八作(松田龍平)との離婚のことに。

「わたしも意地張ってたし、若さ故だね」と当時を振り返りながら、とわ子が語った離婚の原因とは? しろくまハウジングでは、話題のイベント会社からアートイベントの仕事が舞い込み、普段の住宅設計とはひと味違う華やかな仕事に社内は盛り上がりを見せていた。先方の社長・門谷(谷中敦)は、とわ子と同じ“バツ3”ということで、互いの離婚歴や結婚観で意気投合する。

そんな中、とわ子は自分のバースデーサプライズを社員たちが準備していることに感づいてしまう…。

余計なことを知ってしまい仕事に手がつかないとわ子だったが、追い打ちをかけるように、突然門谷からプロポーズをされて大きく動揺する。

その晩、唄からそのことを聞いた八作、鹿太郎(角田晃広)、慎森(岡田将生)は、3人そろってとわ子のマンションへ。四度目の結婚を阻止すべく、珍しくタッグを組んで必死の説得を試みる鹿太郎と慎森を横目に、八作はとわ子にあるプレゼントを差し出す。

ところが後日、このプレゼントがきっかけで、とわ子は八作が心に秘めていた思いを知ることになり…。

 

 

第4話のキーワードは。

大豆田とわ子と三人の元夫は大好きで、殆ど何も見る気しなかった自分がもうめでたく見続けて第4回目になりました。

そんな大豆田とわ子と三人の元夫、第4話、毎回思うのですが、本当に見どころのあるドラマで、登場人物一人一人が個性豊かで、色々抱えてて、どこ一つ取っても絶妙で思い切り私の頭の中に入り込んできます。
今回の大豆田とわ子と三人の元夫・第4話もまた最初からぶちかましてくれました。

このご時世にはモテなくて困るというのは聞いたことありますが、何をしてもモテすぎて困るというのがまたすごいです。大豆田さんの元旦那・八作はまたインテリなイケメンというのがピッタリで、エレベーターのボタン押してもモテるという、もてない人から見たらうらやましい要素満載だけど、それでも人知れず悩みは抱えてますよという、当たり前と言えば当たり前だけど、そこがまた人間らしくていいなと思えます。

個人的には三人の元夫の中でベストなのはこの八作さんです。大豆田さんと八作さんと娘の唄と、三人家族の模様は、いつも二番目、三番目の夫も居合わせるので単独では描かれてませんが、夫婦は離婚しているとはいえいい家族だったんじゃないかなとそんな気が致します。

今日も鹿太郎さんと慎森がまた個性溢れていました。

モテすぎて困る悩みを八作が抱えてる間、二番目・三番目の夫たちがあるあるで盛り上がってるところがツボでした。

中でも鹿太郎さんが言ってた自分を除く全員が名前で呼び合ってるのに自分だけ名字で、の下りは自分の実体験で面白いやら辛いやらの感情が込み上げ、それでも爆笑でした。苦い実体験とそれとは別です。

今回は綿来さんが派手にかませてくれました。大豆田さんと10歳の頃からの腐れ縁で海外旅行に行って誘拐されて、帰ったら帰ったで綿来さん、赤ん坊を連れ去って報道されて、の下りがさらりと入れられてて吹き出しました。

恋愛に臆病だというより、何かがネックになってるのかな?そんな感じが見て取れました。

そんな綿来さんの、そして登場人物一人一人の心情は、自分も当てはまる節があるなと毎回考えさせられながら見ています。

 

 

大豆田とわ子と三人の元夫第5話の追加キャストはいる?

主要人物

大豆田とわ子(おおまめだ とわこ)〈40〉
演 – 松たか子(少女期:木下渓、10歳時:高丸えみり
本作の主人公で、建設会社「しろくまハウジング」の新社長。過去に3度の離婚歴があるため、田中・佐藤・中村の名字で呼ばれることも多々あるが、説明するタイミングを逃しているため特に訂正もせず適当に話を合わせている
最初の夫・八作との間に産まれた中学3年生の娘・唄と2人暮らし[
前社長に指名され社長に就任するも、立場が変わったことで社員たちと距離ができてしまい寂しさを感じている。元建築士であるため社員たちの気持ちを尊重したいと思っているが、会社の利益を考えなくてはならない立場から現場と対立することもあり、自身は社長に向いていないと零す。
ベランダの窓の網戸をよく外す。家具の組み立てが苦手。朝のラジオ体操では周囲と動きが合わない。猫舌。
田中八作(たなか はっさく)〈40〉
演 – 松田龍平
とわ子の最初の夫で、唄の実父。東京・奥渋谷のレストラン「オペレッタ」のオーナー兼ギャルソン
物腰が柔らかく男女問わず人当たりがいいため、その気がなくても自然と女性にモテてしまい、困っている。
親友である俊朗の彼女・早良からの強引なアプローチに頭を悩ませており、周囲からモテないための行動(失礼な言動や不潔感のアピール)をレクチャーされ実践するも、察しの良い彼女に効果はなかった。
自宅に遊びに来た俊朗に別れを告げた直後、引き返してきた早良から告白されるが、自分にはずっと好きな人がいると話す。
佐藤鹿太郎(さとう かたろう)〈45〉
演 – 角田晃広
とわ子の2番目の夫。業界ではまあまあ有名なファッションカメラマン
以前はスクープカメラマンをしていたが、潜入取材で訪れたボールルームダンス教室でのとわ子との出会いを契機に現職に転身した。
離婚後もとわ子には未練たらたらで、事あるごとに好意を示しているが相手にされていない。離婚の原因については「(とわ子の)しゃっくりを止めてあげることができなかったから」と語る。スタジオにはとわ子の写真が飾られており、周囲には自身の最高傑作だと自慢気に話す。
撮影を担当した女優・美怜からアプローチを受け、新たな恋の予感に浮かれるが彼女の目的は鹿太郎に瓜二つな不倫相手の影武者だった。
周囲からは器が小さいと言われている。口笛を吹くのが下手。やたらと「家族」を強調してくる。
中村慎森(なかむら しんしん)〈31〉
演 – 岡田将生
とわ子の3番目の夫。「しろくまハウジング」の顧問弁護士。
とわ子との離婚後はビジネスホテルに住んでおり、近所付き合いがないために楽だと感じている。
何でも否定から入るひねくれ者。顔に似合わず走り方がダサく、体育の評定は12年間1だった。パンダの動画を見て癒されている。強がりで他人に弱みを見せられず、自分で自分を励ますタイプ。
挨拶を不要だと言い切っていたが、とわ子たちにぎこちなく挨拶をした。また、鹿太郎がとわ子に花束を渡した際にも難癖をつけるが、八作から花を1輪渡された際には嬉しさを隠せずにいた。周囲から面倒くさがられ残念だと言われている自覚はあるが、直す気はない様子。
ある日公園でホームレスをしていた翼と知り合い弁護を引き受けようとするが、彼女から嘘をつかれていたことに不信感を抱く。

 

とわ子の関係者

大豆田唄(おおまめだ うた)
演 – 豊嶋花
とわ子の娘。実父は田中八作。中学3年生。
医者を目指すと勉強に励んでいたが「20歳までに結婚する」と宣言し勉強を辞めてしまい、熱心にメイクの練習をしている。
大豆田旺介(おおまめだ おうすけ)
演 – 岩松了
とわ子の父。元参議院議員だが現在は落選が続き無職
綿来かごめ(わたらい かごめ)
演 – 市川実日子(10歳時:知久杏朱)
とわ子の30年来の親友。未婚で自由気ままな生活をしている。たびたびとわ子の家で食事を共にしている。
幼い頃、町内では狼少女と恐れられていたが、信号のない横断歩道を渡れず立ち止まっていたとき助けられたのを契機にとわ子と知り合い、「空野みじん子」というペンネームで少女漫画を合作するなどして仲を深める。初入社した会社を3か月で退職しており、その後8回の転職を繰り返すも仕事が長続きしない。
30歳の誕生日に、隣家の可哀想な赤ん坊を連れ出して指名手配された過去がある
とわ子と同じマンションに住む五条から好意を寄せられており、気の合う彼を良く思っていたが自身の人生に恋愛は必要ないと心に決めており、誘われていた食事をすっぽかした。
30年ぶりに「空野みじん子」のペンネームを用いて『りぼん』に応募し少女漫画家の夢に再挑戦することを決める。とわ子は彼女のネームを見て「天才」と絶賛し手伝いを申し出たが、「空野みじん子」はもう2人のものではなく、ソロプロジェクトなのだと断る。
松林カレン(しょうりん カレン)
演 – 高橋メアリージュン
「しろくまハウジング」営業部責任者。とわ子を支える優秀な部下。
三上頼知(みかみ よりとも)
演 – 弓削智久
「しろくまハウジング」設計部。
利益を度外視する傾向があるためとわ子と対立することもあるが、建築士としての彼女の腕には一目置いている。
城久間悠介(しろくま ゆうすけ)
演 – 平埜生成
「しろくまハウジング」施工部。
大壺羽根子(おおつぼ はねこ)
演 – 穂志もえか
「しろくまハウジング」経理部。
黒部涼(くろべ りょう)
演 – 楽駆
「しろくまハウジング」新人。
六坊仁(ろくぼう じん)
演 – 近藤芳正
「しろくまハウジング」の重鎮
駒月美和
演 – 田辺愛美
「しろくまハウジング」の社員。
山村エミー
演 – 田村まな
「しろくまハウジング」の社員。
しろくまハウジング社員
演 – 寺井義貴

 

八作の関係者

三ツ屋早良(みつや さら)
演 – 石橋静河
俊朗の彼女。勝ち気で積極的な女性で、八作に出会った瞬間好意を抱き猛烈にアプローチする。
俊朗のことはタイプではないが、優しそうだったから付き合ってみただけと話す。
出口俊朗
演 – 岡田義徳
八作の親友。恋人の早良を伴いオペレッタを訪れる。
早良の浮気を疑っているが、その相手が八作だとは気付いていない。
持田潤平(もちだ じゅんぺい)
演 – 長岡亮介
八作を誘い「オペレッタ」を立ち上げたシェフ。八作からは「もっちん」と呼ばれている。
心配性で、いつも店の評価を気にしている。

 

鹿太郎の関係者

古木美怜(ふるき みれい)
演 – 瀧内公美
有名女優。
写真撮影で知り合った鹿太郎に好意があるそぶりを見せ彼に近づく。母親のイヤリングに関する思い出話で鹿太郎の同情を引くが、そのエピソードは以前出演したドラマと一言一句同じセリフで語られたウソ話であった。実は鹿太郎と瓜二つの男性と不倫しているのをパパラッチから脅迫されており、週刊誌に証拠写真を送られると出演した映画やCMに契約違反で賠償金を支払う羽目となることから、交際相手は独身の鹿太郎だと偽装するため彼に近づいていた。

 

慎森の関係者

小谷翼(こたに つばさ)
演 – 石橋菜津美
派遣切りで住む家をなくした女性。
派遣会社を訴えるため槙森に弁護を依頼するも、パワハラを受けたという上司の名前が変わるなど彼に嘘をついていたことがバレたため事務所を逃げ出す。後日、公園で槙森と再会した際に「私のことを覚えているか」と尋ねる。

 

ゲスト

以下のほか、毎回主題歌のゲストラッパーがカメオ出演する(#主題歌・エンディング参照)。

#1
とわ子の母
演 – 広澤草
大豆田旺介の前妻。とわ子の社長就任と同時期に亡くなる。
大豆田幾子
演 – 石村みか(#3)
大豆田旺介の後妻。
佳純
演 – 岩井七世
八作に思いを寄せ、オペレッタで壁ドンならぬドアドンをする女性。
健正
演 – 斎藤工
置き引きされたとわ子のカバンを取り返してくれた船長服の男性。
とわ子からデートに誘われ横浜のレストランでディナーを楽しむが、実際は船長ではなく寸借詐欺師であった。
ギャルソン
演 – 冨田佳輔
とわ子が健正と訪れた横浜のレストランの店員。
このまま健正がとわ子から金を借りるのを見れば、彼が女性から金を借りるのを5回見たことになるとこっそりとわ子に教える。
#2
蛯原太陽
演 – 川久保拓司
「しろくまハウジング」を頻繁に訪問するインテリアデザイナー
スポーツマンで、しょっちゅうとわ子をバスケに誘っている。
スマホを水平にして通話する姿を見たとわ子と槙森から陰で笑われていた。
グルメ社長
演 – 岩谷健司
年商一千億円の社長。すき焼きに特化した卵をとわ子に贈る。
城久間幹生
演 – 佐藤旭
「しろくまハウジング」の前社長。
入院中に社員たちを呼びだし、とわ子を新社長に指名する。
#3
仲島登火
演 – 神尾楓珠
「しろくまハウジング」の若手建築士。
大学図書館の設計を手掛けそのセンスで建築士出身のとわ子を感動させるが、採算度外視のプランのために不採用にされる。自身の作品が実現しなかったことから「しろくまハウジング」を退職し、以前から誘われていたシンガポールの設計事務所に渡る。今回は離れることにしたが、社長として嫌われ役に徹するとわ子のことは嫌いではなく、機会があったらまたいつか仕事をしたいと「オペレッタ」で友人に語っており、その場に偶然居合わせた鹿太郎から肩を組まれ共感されるも、面識がないため戸惑っていた。
切腹おじさん
演 – 板垣雄亮
戦国武将「清水宗治」の子孫を自称する男性。
ラジオ体操を終えたとわ子に、自分の先祖が日本に切腹の文化を作ったと話しかける。
演 – 中井千聖
鹿太郎のカメラマンアシスタント。
鹿太郎から食事代を手渡されるが300円しかなかった。
吉倉優奈
演 – 福岡みなみ
「しろくまハウジング」の社員。
仲島が「しろくまハウジング」を退職したことを聞いて、退職すると言う。
#4
五条廣務
演 – 浜田信也
とわ子と同じマンションに住むオーケストラ指揮者
独身のいい男で、かごめを食事に誘うなど彼女に好意を抱いていたが男女関係が面倒だという理由でかごめにフラれる。
史郎
演 – 廣末哲万
かごめのいとこ。
実家の資産3億円を全額児童施設に寄付したかごめに親戚一同が怒っており、文句を言うため行方を捜していた。
杏子
演 – 並木愛枝
史郎の妻。
喫茶店の店員
演 – 大原梓
かごめがプリンアラモードを注文した喫茶店の店員。
警察官
演 – マックス・アンソニー
とわ子とかごめが19歳の時に海外旅行先で誘拐されたのを救出に来た現地の警察官。
#5
門谷
演 – 谷中敦
イベント会社社長。
アートイベントの仕事を「しろくまハウジング」に依頼する。とわ子と同じバツ3ということで離婚歴や結婚観で意気投合し、彼女にプロポーズする。

 

キャストはこのようになっていますね!

今回からの展開が読めないドラマはかなり面白いです(笑)

 

【大豆田とわ子と三人の元夫】第5話感想と考察!ネタバレと無料見逃し配信は?今回は、ドラマ大豆田とわ子と三人の元夫の第5話の感想と考察についてやっていきます!さらに今回の放送分のネタバレと無料見逃し配信は?あるの...
【大豆田とわ子と三人の元夫】全話のネタバレまとめ!第5話感想と考察!今回は、大豆田とわ子と三人の元夫の今までの全話ネタバレまとめについてやっていきます!さらに、今回放送された分の第5話の感想と考察も紹介し...

 

 

大豆田とわ子と三人の元夫の世間の声は?

 

本当におすすめされるドラマといえばに必ずランクインしてきます(笑)

それだけかなり魅力があるのですね!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。