ドラマ

【珈琲いかがでしょう】第6話感想・考察!ネタバレはある?見逃し配信は?

今回は、珈琲いかがでしょうの第6話の感想・考察についてやっていきます!また今回の放送でのネタばれも紹介していきますのでチェックしてみてください!さらに、見逃し配信はどこで見れるのかもまとめていきます!

 

  • 珈琲いかがでしょう第6話感想・考察!
  • 珈琲いかがでしょう第6話ネタバレはある?
  • 珈琲いかがでしょう見逃し配信は?

 

この3点を中心に話をしていきます!

 

ではやっていきましょう!

 

 

珈琲いかがでしょう第6話感想・考察!

タコのマークの移動珈琲屋「タコ珈琲」の店主・青山一は一杯ごとに豆を挽き、お客様に合った珈琲を丁寧に淹れることで人々の心をほぐす。しかし、いつも笑顔の一には誰も予測出来ない秘められた過去が存在した。

 

俳優の中村倫也主演でコナリミサト氏の漫画を連続ドラマ化したテレビ東京系『珈琲いかがでしょう』(毎週月曜 後11:06~11:55)。移動珈琲店を営む青山一(中村)は、行く先々で珈琲を淹れながら、人生に少し傷ついた人たちの心を癒していく。きょう10日に放送される。

 

 

■「たこ珈琲」

垣根志麻(夏帆)が淹(い)れた珈琲を味わいながら、青山は珈琲の道に進むきっかけとなった、ホームレスのたこ(光石研)との出会い、そして青山が珈琲を淹れながら各地を巡っている本当の理由を打ち明ける。

たこの淹れた珈琲に魅了され弟子入りを懇願した若き青山。その申し出を受け入れたたこは、ただ単純に「珈琲を美味しく淹れる」だけではない、青山自身に足りていない何かを気づかせるための修行を始めるのであった。今まで自分が過ごしてきたヤクザな世界とは真反対な、穏やかな日常を過ごしたり、ちょっとしたシアワセに気づくような日々を送る青山。珈琲の腕前が上達していくのと比例するかのように、青山の中でも小さな変化が起き始めていた…。

とある雨の日、青山がいつものようにたこの家にいくと、そこには寝込んでいるたこの姿が。たこの淹れた珈琲を飲む青山は「いつか俺も誰かに美味しい珈琲を淹れることができるんだろうか」と問いかける。するとたこは青山に一番必要で大事なものが何なのかを語り始めるのだが…。

垣根を家まで送り、ぺい(磯村勇斗)から託されたメモを手掛かりに、本当の目的を果たすべく車を走らせる青山。最終地点に辿り着いたと思ったその時…。

 

 

 

人生の師匠・たこ

たこの淹れた珈琲に魅了され弟子入りを懇願した若き青山。

その申し出を受け入れたたこは、ただ単純に「珈琲を美味しく淹れる」だけではない、青山自身に足りていない何かを気づかせるための修行を始めるのであった。

今まで自分が過ごしてきたヤクザな世界とは真反対な、穏やかな日常を過ごしたり、ちょっとしたシアワセに気づくような日々を送る青山。

珈琲の腕前が上達していくのと比例するかのように、青山の中でも小さな変化が起き始めていた…。

とある雨の日、青山がいつものようにたこの家にいくと、そこには寝込んでいるたこの姿が。

たこの淹れた珈琲を飲む青山は

「いつか俺も誰かに美味しい珈琲を淹れることができるんだろうか」

と問いかける。

するとたこは青山に一番必要で大事なものが何なのかを語り始めるのだが…。

垣根を家まで送り、ぺい(磯村勇斗)から託されたメモを手掛かりに、本当の目的を果たすべく車を走らせる青山。

 

感想はまたじっくりと更新していきます!

 

ドラマ【珈琲いかがでしょう】全話ネタバレまとめ!第6話で追加キャストはいる?今回は、ドラマ珈琲いかがでしょうの今までの全話ネタバレをまとめていきます!さらに今回放送された第6話での追加キャストはいるのかという事も...

 

 

珈琲いかがでしょう第6話ネタバレは?

 

登場人物(テレビドラマ)

主要人物

青山一(あおやま はじめ)
演 – 中村倫也
本作の主人公。タコのマークの移動珈琲屋「タコ珈琲」の店主。
垣根志麻(がきね しま)
演 – 夏帆(ep.1、ep.8 – ep.11)
誠実・丁寧・義理・人情がモットーの不器用なOL。
杉三平(すぎ さんぺい)
演 – 磯村勇斗
移動珈琲屋を始める前の青山と因縁がある男。通称・ぺい。
たこ
演 – 光石研ep.10・ep.11)(若い頃:前田旺志郎ep.15))
ホームレスの男性。青山の珈琲の師匠。

 

 

「たこ珈琲」
垣根志麻(夏帆)が淹れた珈琲を味わいながら、青山一(中村倫也)は珈琲の道に進むきっかけとなった、ホームレスのたこ(光石研)との出会い、そして青山が珈琲を淹れながら各地を巡っている本当の理由を打ち明ける。

たこの淹れた珈琲に魅了され弟子入りを懇願した若き青山。その申し出を受け入れたたこは、ただ単純に「珈琲を美味しく淹れる」だけではない、青山自身に足りていない何かを気づかせるための修行を始めるのであった。今まで自分が過ごしてきたヤクザな世界とは真反対な、穏やかな日常を過ごしたり、ちょっとしたシアワセに気づくような日々を送る青山。

珈琲の腕前が上達していくのと比例するかのように、青山の中でも小さな変化が起き始めていた…。
とある雨の日、青山がいつものようにたこの家にいくと、そこには寝込んでいるたこの姿が。たこの淹れた珈琲を飲む青山は「いつか俺も誰かに美味しい珈琲を淹れることができるんだろうか」と問いかける。するとたこは青山に一番必要で大事なものが何なのかを語り始めるのだが…。
垣根を家まで送り、ぺい(磯村勇斗)から託されたメモを手掛かりに、本当の目的を果たすべく車を走らせる青山。最終地点に辿り着いたと思ったその時!

 

 

磯村くん演じる、裏社会で刹那的に生きるペイは完全に主演を喰っていましたね。回想シーンへの導入部は映画の1シーンのようでした。子役の俳優さん達も素晴らしかった。個人的に「悪い」中村倫也のほうが好きです。青山とペイの生い立ち、出会い~別れまでを映画化お願いしたいです!青山とぺいの関係が過去が明らかにされて…。

余りにもつらい…。青山の幼少時代あるいは十代に何が有って、あんな清掃屋をやることになったのか、ぺいとの出会いも知りたい。でも、ぺいは本当に青山を慕っていて、大好きで、だから今の青山がわからなくて、自分の身を犠牲にしても、裏切れない。捨てられたと思い。だけど、珈琲に兄貴を取られてしまった哀しみ…。今までの30分弱の単発のドラマもも良かったけれど、深みが違う!違い過ぎる!達者な役者さんだと、二人とも思っていたが、いやぁつらくて、つらくて、でも眼が放せません。ほっこり癒し系のタッチが心地好かったのに。一転、青山のワルだった時代が掘り起こされ、血生臭いシーンが多発の今回は、まるで違うドラマにチェンジしてしまったかのよう。

正直、青山の過去は「ちょいワル」位の路線でとどめて欲しかった。魂が抜け落ち、死んだ魚の目で暴行を繰り返す過去の青山。中村倫也の迫真の演技は、なかなかの迫力だが、同時に現在の珈琲屋青山の丁寧で上品な雰囲気とは余りにかけ離れていて、改心したとは言え、受け入れることが厳しく感じる。とはいえ、スピード感溢れる展開で、退屈な部分は全くないドラマだとも思う。また、今回は光石研の見事な変身ぶりに度肝を抜かれた感

 

 

珈琲いかがでしょう第6話見逃し配信は?

現在時点ではないようです。

オンデマンドなどを利用してみるのか、YouTubeチャンネルにアップされるのを待つしかないですね!

 

それか録画しておくのが一番いいです(笑)

 

U-NEXTだとコミックを見てドラマの見逃し配信を見てと永遠ループしている人が多いそうです(笑)

その沼にハマってみたらいかがですか(笑)

 

コミック&ドラマの最新話見逃し配信はこちら!

U-NEXT

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です