ニュース

【野崎幸助】知りすぎた男とは誰?和歌山警との関係は?逮捕の情報提供者?

今回は、野崎幸助さんことドンファンは殺害されたことについての情報提供をしていた知りすぎた男と呼ばれる人が誰なのかという事が世間やネットで話題になっていますので、そのことについてやっていきましょう!

 

  • 野崎幸助さんのプロフィールを紹介!
  • 知りすぎた男とは誰?
  • 和歌山警との関係は?逮捕の情報提供者?

 

この3点を中心に話をしていきます!

 

ではやっていきましょう!

 

 

野崎幸助さんのプロフィールを紹介!

「紀州のドンファン」こと野崎氏は、1941年、和歌山県田辺市に7人きょうだいの3男坊として生まれる。実家は決して裕福ではなく、中学を卒業すれば働くのが当然、というような環境だった。ドンファン自身も地元の中学を卒業後、すぐに働きに出る。酒造メーカー訪問販売員、金融業など様々な商売を手掛けたという。

金持ちになることを目標に働いたドンファン。巡り合ったのは、当時はまだ物珍しかったコンドームを訪問販売する仕事だった。

 

コンドーム販売で稼いだ金をドンファンは投資や「金貸し」でさらに増やしていく。金持ちとしての道を歩み始めたドンファンは、北新地の高級クラブなどに通うようになる。

そして、東京で本格的に「金貸し業」を開始。以来、着々と資産を積み上げながら高級クラブなどに通いつめ、「美女4000人を抱く男」となったのだった。

 

 

 

ドンファンを「有名にした」のは、ある事件がきっかけだった。2016年の2月のことだ。27歳の自称モデルの女が現金600万円と、宝石類など5400万円相当、計6000万円相当を盗んだ容疑で逮捕される。

異例の事件ということもあり、ワイドショーをはじめとする各メディアがこれを取り上げたが、この女が盗みに入ったのが、ドンファンの自宅だった。

 

 

女はとある交際クラブに登録しており、ドンファンとはそこで知り合った。ドンファンは彼女と会うたびに数十万円を渡していた。女は何度かドンファンのうちに通ううちに、ドンファンの自宅に高級貴金属などが置いてあることに気づいたのだろう。

女が逮捕され、被害者であるドンファンの素性が少しずつ分かってくると、メディアは彼の身辺に注目。「6000万円なんて自分にとっては紙くず。窃盗事件もいい経験だ」といまどき珍しいほどに奔放な発言が重宝され、数多くの番組・雑誌に登場したのだった。

 

野崎幸助さん知りすぎた男とは誰?和歌山警との関係は?逮捕の情報提供者?

「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県田辺市の資産家野崎幸助さん(当時77)を2018年5月に殺害したとして、元妻の須藤早貴容疑者(25)が逮捕されて5日で1週間。須藤容疑者は逮捕後の取り調べで、事件への関与について供述していないという。変死から3年で、事件は急展開したが、なぜ逮捕まで「3年」もの年月がかかったのか? その理由の一つに、事件を担当する和歌山県警と“事件を知りすぎた男”との「すれ違い」が大きく影響しているという――。

 

野崎さんの変死について事情聴取の段階から、須藤容疑者は「知らない」と関与を否定していたが、逮捕後の取り調べでは事件への関与について供述していないという。同県警は死亡直前の約4時間にわたり野崎さんと2人きりでいた同容疑者以外に覚醒剤を摂取させることができた人物はいないとみられることや、同容疑者が覚醒剤密売グループと接触した裏付けを取った。引き続き慎重に捜査を進める。

 

 

女性に対して執着が強かった野崎さんだが、バイアグラや覚醒剤などの薬物を使った性行為に関しては、過去のインタビューに対して「とんでもないです」と強く否定。「僕はバイアグラとか薬は使わない。そういうのはしない。自然です。もちろん、覚醒剤とかは使用したこともありません」と話していた。

 

野崎さんの遺体にも注射痕はなく、何らかの形で経口摂取したものとみられている。

 

事件当日、野崎さんに接触できた人物が限られていたが、捜査は難航。その理由の一つに「和歌山県警と“事件を知りすぎた男”ジャーナリストのAさんの関係性が悪化し、正しい情報収集が進まなかったことがある」と言うのは、ある雑誌関係者だ。 「野崎さんとAさんは昵懇(じっこん)の仲。野崎さんの交友関係、特に須藤容疑者と野崎さんを引き合わせた人物など事件解決のために欠かせない情報を握っていた」(同関係者)

 

 

その重要人物であるA氏に対して、和歌山県警は“暴行”を働いたのだという。

「野崎さんの自宅を捜索する際、その場にいたAさんに対して『出ていけ!』と腕を強くつかみ、外に出した。外に止めてある捜査車両で待機させられたAさんは『これは暴行ですよ』と訴えたが、捜査員は『誰がそれを証明するんですか?』と威圧。その結果、Aさんは和歌山県警に対して、強い不信感を抱いてしまったんです」と同関係者は明かす。

 

Aさんは須藤容疑者以外にも、関係者の重要な情報を握っていたとされるが、和歌山県警は「須藤容疑者が逮捕されるまでAさんから事情聴取をすることはなかった」(同)。そのすれ違いが逮捕まで3年かかった一因になっているという。

 

世間の耳目を集めたドン・ファン事件の結末はいかに…。A氏は今でも捜査に協力する姿勢をもっているという。

 

 

3年前からという時系列が気になりますね。

 

野崎幸助さんの世間の声をチェック!

 

悲しい声などがありますね。

 

 

野崎幸助、知りすぎた男とは誰?和歌山警との関係は?逮捕の情報提供者?まとめ!

  • 正体は不明。
  • 3年も前からの密告者。
  • これからの展開に期待ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。