ニュース

【バッハ会長】ぼったくり男爵と言われる理由は?2021の流行語になる?

今回は、バッハ会長がぼったくり男爵と言われている理由は何でというのが世間やネットで話題になっていますので、そのことについてやっていきましょう!

 

  • バッハ会長さんのプロフィールを紹介!
  • ぼったくり男爵と言われる理由は?
  • 2021の流行語になる?

 

この3点を中心に話をしていきます!

 

ではやっていきましょう!

 

バッハ会長さんのプロフィールを紹介!

トーマス・バッハ(Thomas Bach, 1953年12月29日 – )は、ドイツ弁護士。 第9代国際オリンピック委員会 (IOC) 会長。筑波大学名誉博士。1976年モントリオールオリンピックのフェンシング西ドイツ代表選手、ドイツオリンピックスポーツ連盟(DOSB)(de) 会長を歴任。

 

獲得メダル
男子フェンシング
オリンピック
西ドイツの旗 西ドイツ
1976 フルーレ団体
世界選手権
西ドイツの旗 西ドイツ
1973年
イェーテボリ
フルーレ団体
西ドイツの旗 西ドイツ
1976年
モントリオール(五輪)
フルーレ団体
西ドイツの旗 西ドイツ
1977年
ブエノスアイレス
フルーレ団体
西ドイツの旗 西ドイツ
1979年
メルボルン
フルーレ団体
ドイツ選手権
1978年 フルーレ個人

 

 

アメリカなどの雑誌で中止にすべきだという発言を多くしているそうです!

バッハ会長はすごい選手だったんですね!

 

 

このようにオリンピックをマネジメントしていかないといけないのは大変です。

東京オリンピックはどうなるのでしょうか。

 

 

バッハ会長ぼったくり男爵と言われる理由は?2021の流行語になる?

米ワシントン・ポスト紙が国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長らを揶揄した〝ぼったくり男爵〟という言葉が、流行語大賞になるかもしれない。

 

同紙は5日に「東京は損切りし、IOCに他で略奪するよう告げるべき」という五輪中止と開催地変更を勧めるコラムを掲載。ネット上では〝ぼったくり男爵〟という言葉が拡散された。

 

 

コラムの原文では〝Baron Von Ripper―off〟との記述があった。Baronが男爵で、Vonは貴族に使われるドイツ語。バッハ会長がドイツ出身だからだと思われる。そして、Rip offは「だまし取る」とか「ぼったくる」という意味。〝ぼったくり男爵〟は直訳なわけだ。

 

テレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏は6日、ツイッターで「バッハ会長来日の際は、新宿のぼったくりバーに連れて行き、1兆7000億円を請求しましょう。これで中止しても元が取れるね」とつぶやいた。

 

 

トレンドワードになるほど日本人の心をとらえたワードだけに、「今年の流行語大賞に輝くかも」「授賞式にはバッハさん呼ばないと」「あまりにも直球すぎるパワーワードでインパクトすごすぎ」などと年末の新語・流行語大賞へのノミネートを求める声がツイッターで上がっている。

 

 

責任感のある仕事ですから、決断するのはしんどいですね。

まさかこのような事態になるとは予測できていなかったですからね。

 

バッハ会長さんの活躍を世間の声でチェック!

 

ルネッサンスを思い浮かべますね(笑)

 

バッハ会長ぼったくり男爵と言われる理由は?2021の流行語になる?まとめ!

  • これは仕方ないと思いますが。
  • ぼったくりと言われても保険とないですからね。
  • 今後の活躍にも期待!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。