芸能界

【小松みゆき】どこの病院?不妊治療の金額はいくら?高齢出産のリスクは?情報まとめ!

今回は、小松みゆきさんの不妊治療の金額が衝撃すぎるとネットや世間で話題になっていますのでそのことについてやっていきます!

 

  • 小松みゆきさんのプロフィールを紹介!
  • 不妊治療の金額はいくら?
  • 高齢出産のリスクは?情報まとめ!

 

この3点を中心に話をしていきたいと思います!

 

ではやっていきます!

 

小松みゆきさんのプロフィールを紹介!

小松 みゆき(こまつ みゆき、1971年6月5日 – )は、日本女優福島県いわき市出身。身長155cm・体重43kg。 B83 W56 H82。血液型 B型。旧芸名は小松 美幸(読み方同じ)。イエローキャブマツ・カンパニー、オフィスミラクルボックスを経てサンズエンタテインメントに所属していた。2018年11月よりテンダープロに所属。

 

こまつ みゆき
小松 みゆき
別名義 小松 美幸(旧芸名)
生年月日 1971年6月5日(49歳)
出生地 日本の旗 日本福島県いわき市
血液型 B
職業 女優
活動期間 1990年 – 現在
配偶者 あり(2009年 – )

 

 

小松みゆきさんはすごく美しい方ですね!

スタイルも良く、素晴らしい人気を誇っていました!

 

 

伝説といわれたこのお宝動画。

今見てもすごすぎます(笑)

 

小松みゆきさんのどこの病院?不妊治療の金額はいくら?高齢出産のリスクは?情報まとめ!

新米ママの4人に1人は高齢出産という時代。今年2月に49歳で第1子を出産したのは女優の小松みゆき。1990年代に、持ち前の美貌とセクシーな肢体で雑誌グラビアや写真集で大いに人気を集めた彼女が、7年にもわたった不妊治療への取り組みを語った。

 

「結婚したのは38歳の時で、当時は“まだ30代だから妊娠も出産も大丈夫”という根拠のない自信がありました。子どもは自然に授かれると思っていたのですが、いざ不妊治療を始めると、それは大きな間違いだったと思い知らされましたね」

 

日本産科婦人科学会は〈35歳以上の初産婦〉が、いわゆる高齢出産に相当すると定義している。

「例えば、高齢になるほど分娩時に母親が命を落としたり、新生児が遺伝子疾患を持つ可能性がとても高くなると教えられました。実際に専門医の話を聞くまで、自分の妊娠と出産がいかにリスクの高いものかを理解していなかったんです。それでも産みたいという気持ちは変わらず、ネットの口コミや知人の勧めに従って、あちこちの専門医を受診して回っていました」

 

 

気づけば7カ所以上の医療機関を巡っていたが、

「新しい病院に行くたびに、薬が違うなど異なるアプローチの治療になる。知識がないので質問もできず、医師の指示に従うしかありませんでした。でも、残された時間は限られていると焦っていたことから、自分に適した治療法は自分で見つけるしかないと思い立ちました」

 

それからはネットを駆使して、不妊治療の経験者によるブログや、専門医やクリニックが公開した文献を読み漁る日々が続いた。

 

四つの受精卵

 

 

 

 

小松みゆきさんの活躍を世間の声でチェック!

 

確かにどこの病院を選択するかは管理重要になってきそうですね!

 

小松みゆき、 どこの病院?不妊治療の金額はいくら?高齢出産のリスクは?情報まとめ!

  • 1000万ほど使ったそう。
  • それでも赤ちゃんができてよかったです!
  • 今後の活躍にも期待です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。