芸能界

【ゆきぽよ】コカインダイエットで激痩せ!?薬物の症状が抜けない!?

今回は、ゆきぽよさんが約5キロのダイエットに成功したという事でそのことについてやっていきましょう!

 

  • ゆきぽよさんのプロフィールを紹介!
  • コカインダイエットで激痩せ!?
  • 薬物の症状が抜けない!?

 

この3点を中心に話をしていきます!

 

ではやっていきましょう!

 

ゆきぽよさんのプロフィールを紹介!

画像

木村 有希(きむら ゆき、1996年(平成8年)10月23日– )は、日本の女性ファッションモデルタレントグラビアアイドルYouTuber。愛称はゆきぽよ。バラエティ番組出演などでは、この名義を用いている

 

 

プロフィール
愛称 ゆきぽよ
生年月日 1996年10月23日
現年齢 24歳
出身地
血液型 O型
公称サイズ(2019年時点)
身長 / 体重 158 cm / 51.4 kg
BMI 20.6
スリーサイズ 80 – 65 – 92 cm
靴のサイズ 23.5 cm

 

女性の口コミ
女性の口コミ
ゆきぽよの熱狂的ファンちゃうけど直接的には悪い事してないし出てたらその番組おもしろなるしテレビから消えんていてほしい
男性の口コミ
男性の口コミ
アンゴラ村長の声がゆきぽよのものになっている夢でした。おはよう
女性の口コミ
女性の口コミ
ゆきぽよとみちょぱ どっちがどっちかわからん

 

 

ゆきぽよがコカインダイエットで激痩せ!?薬物の症状が抜けない!?

画像

 ゆきぽよは2019年5月に自宅で知人男性がコカインを使用して逮捕され、自宅が強制捜査されていたと1月に週刊文春で報じられた。この日に行われたイベントの冒頭で、この件について自ら切り出し、改めて謝罪した

 

コカインには、覚せい剤と同様に神経を興奮させる作用があるため、気分が高揚し、眠気や疲労感がなくなったり、体が軽く感じられ、腕力、知力がついたという錯覚が起こります。しかし、覚せい剤に比べて、その効果の持続期間が短いため、精神的依存が形成されると、一日に何度も乱用するようになります。乱用を続けると、幻覚等の精神障害が現れたり、虫が皮膚内を動き回っているような不快な感覚に襲われて、実在しないその虫を殺そうと自らの皮膚を針で刺したりすることもあります。

コカインを大量摂取した場合、呼吸困難により死亡することもあります。

 

コカインの身体的影響

脳・神経系統には
コカインは、中枢神経に作用するためさまざまな意識障害や、幻覚・妄想、記憶力の低下、痙攣などを引き起こします。また、脳内出血、脳卒中、動脈狭窄、動脈破裂、神経系統の各種発作を生じさせます。呼吸や心拍をコントロールする脳の機能を破壊しますので呼吸困難などにより死を招く危険性もあります。
肺には
体液の蓄積、コカインの蒸気を吸引したことによる肺の充血、咳、肺やのどの痛みなどの発作を引き起こします。
胃には
食欲減退、胃痛、はきけ、嘔吐を生じます。
心臓・血管には
心臓に対しては、血液中の酸素不足、細胞の異常、心拍の上昇、脈拍の停滞による不整脈、心不全、胸痛、心臓発作が起こります。血管に対しては、収縮、血圧の急上昇、狭心症が生じます。
鼻腔には
コカインを、鼻腔内吸引すると、常習的使用者では鼻の粘膜に腫瘍をつくる危険性がありますが、時折使用するといったケースでは鼻づまりや鼻水がみられます。これらの鼻腔内炎症は嗅覚の麻痺や副鼻腔性頭痛を引き起こします。
心臓には
心拍数、呼吸、血圧が上昇します。その結果、心不全、不整脈、胸痛などが起こり、ときには心臓発作を誘発します。
生殖器官には
性欲を増進するほか、精子や月経に異常が起こります。妊娠中の使用では胎盤の早期剥離を引き起こしその出血のため、流産や早産の恐れがあります。また、生まれてくる子供には高い確率で心臓や腎臓の奇形などの身体障害や精神障害が発生する危険性があります。

 

 

ゆきぽよさんの活躍を世間の声でチェック!

 

ゆきぽよコカインダイエットで激瘦せ!?薬物の症状が抜けない!?まとめ!

  • このタイミングでの公表はコカインの使用と認めてしまっているようなもの
  • 激痩せはそこからの影響もある
  • これからの活躍にも期待です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。