ニュース

【田中将大ヤンキース残留が無し?】日本野球界へ復帰?メジャーとの関係は?

ヤンキースがパイレーツとの間で4対1トレードを行い、先発右腕のジェイムソン・タイヨン(29)の獲得に成功した。これにより先発陣が固まり、田中将大(32)との再契約の可能性はほぼ消滅した。

 

まさかのヤンキース残留の可能性が消滅!?

タイヨンと田中投手のとれーどはどうなっていくのか?

詳しく解説していきます!

 

ではやっていきます!

田中将大投手のヤンキース残留が消滅!

ヤンキースがトレードで先発右腕のタイヨンを獲得、マー君の残留の線がほぼ消滅した。楽天、エンゼルス、ブルージェイズ、フィリーズの日米4球団の争奪戦となっている(写真・アフロ)

ヤンキースと田中の時間は終わるのか?

アメリカ大手メディアも懸念。

複数の米メディアも

 

「タイヨンのトレードは田中のピンストライプの終わりを意味しそうだ」(CBSスポーツ)「ヤンキースと田中の時間は終わりか」

 

(Nj.com)などという見解を伝えている。

 

タイヨンは二年ぶりの復帰!

タイヨンは2018年に14勝したが、

その後、2度、トミー・ジョン手術を行い、この2年登板していない。

 

だが、リハビリ状況を調査したヤンキースは、2021年には復帰可能と読んでトレードを成立させた。

 

ヤンキースの狙いとは?

サイヤング賞を獲得した投手を獲得?

 

ヤンキースは、サイ・ヤング賞2度獲得のコーリー・クルーバーをレンジャースから獲得、これでエースのゲリット・コール、クルーバー、タイヨンと先発の3本柱にメドが立ったことになる。

 

ヤンキースは新型コロナ禍による経営打撃もあり、

総年俸を贅沢税を支払わなくてもセーフになる2億1000万ドル(約218億円)以内に抑えることを今オフの補強の基本方針としている。

 

田中の要求年棒が合わなかった?

田中サイドは、

希望条件として単年で1500万ドル(約15億6000万円)から2000万ドル(約20億8000万円)の間を求めているとされており、

ヤンキースの出せる金額とは大きな隔たりがある。

最後に

これまでの活躍を見ても田中投手の活躍はまだまだ見込めそうです。

しかし、双方の要求側無いのでこのような形になっているのだと思います。

今後の進展次第では、また日本での活躍を見れるかもしれませんね!

そうとなれば日本のファンは喜ぶと思いますが、本当に応援している人はうれしくないと思われます!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です