ニュース

『トヨタ超高級SUV』年産1000台の限定モデル!その外装や内装はどうなっている?

トヨタ、23年に超高級SUV 「センチュリー」級、年産1000台 ロールス・ロイスなど追撃

トヨタ自動車が「センチュリー」級の超高級車SUV(スポーツタイプ多目的車)の市場投入を計画していることわかった。2023年に愛知県内で生産を始める。トヨタが手掛けるSUVで最上級のモデルとなる。国内外で自動車ニーズがセダンからSUVにシフトする中、日本で培った匠の技術を結集し、要人の移動車両用途などで世界のVIP需要を開拓する。

今後のトヨタの狙いとは。

今までセンチュリーなどの高級車を国内生産とし、海外への発展を避けていたが今回このような発表をしたことによりトヨタの海外狙いが浮かんでくる。

中東などからすると、高級車ながらも2000万円台と非常に安くロールスロイスなどに比べても安価である。

海外から見ると日本産の車がそのような金額で売られているのがまず考えられないだろう。

今後の発展が非常に楽しみだ。

この動きによっては、トヨタ株が大きく変動すると思われるので注目しておきたい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。