ニュース

【2021年上半期】映画のランキングに波乱が!?第1位はあの映画じゃない!?

『鬼滅の刃』が興収346億円を突破し、12週連続で首位!『新感染半島』がトップ10入り

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が12週連続首位!

今年の映画は最高の映画が盛りだくさん!

数多くの映画では結果を残している!

■歴代興収1位の『鬼滅の刃』が数字を伸ばし続ける 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が土日2日間で動員42万5000人、興収6億7800万円をあげ、12週連続で首位をキープ。

累計では動員2548万人、興収346億円を突破しており、今後どのような記録を打ち立てていくのかに注目が集まっている。 ほかの既存作品では、動員18万7000人、興収2億5800万円をあげた『新解釈・三國志』が前回の3位からワンランクアップして2位に。累計では動員227万人、興収30億円超えのヒットとなっている。

 

初週4位でスタートを切った『映画 えんとつ町のプペル』は、動員11万5400人、興収1億6500万円をあげて3位に浮上。同じく2位でスタートしていた『劇場版ポケットモンスター ココ』は動員11万5000人、興収1億3900万円とし、惜しくも4位に順位を下げる結果に。

面白いと話題な映画は!?

■大ヒットした『新感染』の続編を観た人の感想は?

 

新作からは、『新感染半島 ファイナル・ステージ』が7位にランクインしてトップ10入り。高速鉄道内での謎のウィルス感染拡大によるゾンビパニックをスリリングに描いてスマッシュヒットした『新感染 ファイナル・エクスプレス』(16)の4年後が舞台で、『MASTER/マスター』(16)や『ゴールデンスランバー』(18)のカン・ドンウォンが新たに主演を務め、前作に引き続きヨン・サンホ監督をメガホンをとっている。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です