ニュース

【スラムダンク】映画化のネタバレ!?このシーンには注意!

井上雄彦の名作「SLAM DUNK」がアニメーション映画化されることが決定した。 1990年42号から1996年27号まで、「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載された、高校バスケを題材にした漫画「SLAM DUNK」。

海南大附属高校

牧紳一(まきしんいち/アニメ版CV:江川央生)

海南大附属高校3年。ポジションはポイントガード。高校生には見えないフケ顔から、桜木からは「ジィ」と呼ばれる。フケ顔に関しては本人も気にしている。
攻撃の起点のなる海南の要であり、事実上の神奈川県ナンバー1プレイヤー。勝利に最も貪欲でありながらも冷静さを失うことなく、常に最高水準のプレーをする。

1年の清田に鉄拳を食らわせいつも叱っているが、愛知県大会の予選を見に行く際は勝手についてきた清田とお金を持っていないのについてきた桜木を共に連れて行ってやるなど、優しい一面も見せる。

清田信長(きよたのぶなが/アニメ版CV:森川智之)

海南大附属1年。ポジションはスモールフォワード。桜木からは「野ザル」と呼ばれる。
1年にして海南のスタメンを勝ち得た才能の持ち主だが、過剰な自信家で自らを「ゴールデンルーキー」「ルーキーセンセーション」と呼ぶ。流川に対して強い対抗心を燃やす。桜木に似てお調子者な面があり、牧に鉄拳を食らって成敗されている。

神宗一郎(じんそういちろう/アニメ版CV:林延年)

海南大附属高校2年。ポジションはシューティングガード。
3ポイントシューターで、「一度入りだすと止まらなくなる」タイプだと自負している。細身で体力はあまりないが誰よりも地道に練習を重ね、誰よりも多くシュート練習を積み重ねていた。
性格は穏やかで、お調子者の清田に付き合う優しい一面を持つ。

宮益義範(みやますよしのり/アニメ版CV:里内信夫)

 画像左が宮益

海南大附属3年。控え選手。
小柄で走りも遅く身体能力は低めだが、初心者として海南大附属バスケ部に入部してから3年間厳しい練習に耐え、欠かすことなくシュート練習を重ねてきた。そのため、シュート成功率は神の次に高い。その真面目な練習姿勢から部員たちからの信頼も厚い。高頭監督による桜木封じの策略のために試合に投入された。

高頭力(たかとうりき/アニメ版CV:佐藤正治)

海南大附属バスケ部監督。
下調べ無しで湘北との試合に挑みながらも、桜木が初心者であるという本質をあっという間に見抜き畳み掛ける等、「恐ろしい智将」と赤木に言わしめる。
試合が有利に進んでいる時は穏やかだが、追いつかれると機嫌が悪くなる。陵南高校バスケ部監督田岡とは高校時代からの因縁関係にあり、ライバル視しながらも1学年上の田岡を「田岡先輩」と呼んでいる。

豊玉高校

南烈(みなみつよし)

豊玉高校3年。豊玉バスケ部キャプテン。ポジションはスモールフォワード。桜木からは「カリメロ」と呼ばれる。
大阪府大会では得点王を獲得、ディフェンスも高評価で俊敏なフットワークを見せる。普段は冷静だが、恩師北野を侮辱されると激高する。

前年の翔陽と戦った際に故意ではないが藤真にケガを負わせてしまい、結果それがきっかけで翔陽が敗北したことから「エースキラー」の異名をつけられる。

岸本実理(きしもとみのり/アニメ版CV:田中一成)

豊玉高校3年。ポジションはパワーフォワード。桜木からは「チョンマゲ」と呼ばれる。
大阪府大会では南に次いで得点ランキング2位の実力者。口が悪く挑発やケンカ腰の応対ばかりする。南とは幼馴染で、前監督北野を尊敬している。インターハイ後に登場するキャラクターの中で唯一アニメ版にも出ている。

秋田県立山王工業高校

深津一成(ふかつかずなり)

山王工業高校3年。バスケ部キャプテン。ポジションはポイントガード。
試合の状況がどうなろうと常に冷静沈着で最高のプレーをする。ディフェンス力も高く、PGとしてのパスセンスも十分あり、同じポジションの宮城を苦戦させた。
語尾に何か言葉をつける癖があり、作中では「ピョン」とつけている。定期的に飽きて変えるらしく、以前は「ベシ」とつけている。

河田雅史(かわたまさし)

山王工業高校3年。ポジションはセンターフォワード。桜木からは「丸ゴリ」と呼ばれる。
高校に入ってから急激に身長が伸びており、いくつものポジションを経験している。シュートエリアが広く3ポイントシュートも打つことができ、インサイドプレイにも長け、リバウンドにおいても才能を発揮する「日本高校バスケ界最強のセンター」と呼ばれる。その実力には赤木も歯が立たず、1プレイヤーとして赤木に敗北感を与えた。
沢北が女性からもてはやされることに対して強い嫉妬の念を抱いている。弟の美紀男に対しては厳しく接する。

沢北栄治(さわきたえいじ)

山王工業高校2年。ポジションはガードフォワード。
幼少の頃からバスケ好きの父親の影響によりずっとバスケをしてきた。特に1on1に関しては父親の特訓により同世代のバスケットプレイヤーとは比べ物にならないほどの技量を持つ。その並外れた才能ゆえに仲間からいじめられる不遇の中学時代を過ごしてきたが、晴れてバスケの名門山王工業に入学し自分の居場所を見つけることができた。
更なる高みを目指すため、インターハイ後にはアメリカ留学を予定している。
素直だが負けず嫌いで少々わがままな面も見られる。部内では「山王バスケ部始まって以来の二枚目」と賞賛され、女性ファンが絶えない。

河田美紀男(かわたみきお)

 美紀男と桜木

山王工業高校1年。ポジションはセンター。桜木からは「丸男」と呼ばれている。
河田雅史の弟。身体がとても大きいが気は小さく、口癖は「ごめん(ゴムェン)、兄ちゃん」。体格を活かしたプレーで桜木のパワープレーに対抗したが、ゴール下のシュートしかできないことを桜木に見抜かれてから桜木に圧倒されてしまう。

堂本五郎(どうもとごろう)

山王工業高校バスケ部監督。
格下である湘北に対して一切の妥協を見せずに過去の試合ビデオの分析をしたり、OBを呼んで「仮想湘北チーム」を作り試合をさせるなど、勝利に対して貪欲で隙が無い。試合が圧倒的有利な状況になっても決して手を抜かず、常にコートに膝をついてゲームの行く末を見守っていた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。