ニュース

【キットカットがトレンド入り?】受験シーズンだから?それともサイズが小さくなった!?

キットカット は、ネスレ が製造するチョコレート菓子。 細長い長方形状のウエハースを重ねてチョコレートでコーティングし、棒状にした菓子で、これを4本または2本束ねてパッケージされる。 キットカットは販売地域の嗜好性に応じ、パッケージデザインは同じでも国や地域ごとに風味が異なる

キットカット (“Kit Kat”) と称される食品が登場したのは18世紀のイギリスで、当時はミートパイのことを指した。18世紀初頭にロンドンで、クリストファー・カット (Christopher Catt) が経営していたタバーン(食堂)は、経営者の名前から「キット・カット」と呼ばれた羊肉パイを出していた。クリストファーの当時の愛称はキットであった。政治的・文学的な集まり「キット・カット・クラブ英語版」(Kit-Cat Club) の名の由来も、第一回の会合がこの食堂で開催されキット・カット・パイを食しながら話を進めたことにある。

チョコレート菓子のキットカットは、ヨークにあった菓子会社ロントリー (Rowntree’s) が開発した。ロントリーは1911年に「キット・カット」(”Kit Cat” および “Kit Kat”)の商標を登録したが、即座にこの名前を商品に使用したわけではない。1920年代に「キット・カット」(Kit Cat) の名称を箱詰めチョコレートに使用したが、1930年代初頭に「ブラックマジック」(Black Magic) や「デイリーボックス」(Dairy Box) という商品に生産を集中してキットカットは生産されなくなった

 

Twitterでは恐怖におびえる声が多発!(笑)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です