お正月

【疑問形から作る「新年の抱負」】自分の問題点を2021年の目標に!

新年の抱負って悩みますよね。そこで今回は、新年の抱負を決めるメリットや、抱負の決め方、具体的な例文を仕事や恋愛などに場合分けしながら細かくご紹介!さらには、新年の抱負におすすめの四字熟語から、新年の抱負を達成するためのコツまでお教えします。是非参考にしてください

一年の抱負や、新年の抱負を決める3つの方法をレクチャー

新年の抱負を決めようと思っても、なかなか決まらずに苦労する人もいますよね。一年の抱負や新年の抱負を決めるためには何か方法があるのでしょうか?

ここでは一年の抱負や新年の抱負を決める方法を3つピックアップして紹介していきます。

方法1. 過去の課題や問題点を明確にする

新年の抱負を決めるためには、つい未来の自分を想像して考えてしまうでしょう。もちろんそれも大切ですが、その前にまずは過去の課題や問題点を明確にしておくことが大切です。

過去に「どんなことをしたのか」「何に失敗したのか」など課題や問題点を洗い出すことで、今自分がやるべき課題やクリアしなければいけない問題点などが明確になります。

方法2. 一年間を通して、自分がなりたい姿をイメージする

過去の自分がどうだったのか振り返ったところで、今度は一年を通して自分がなりたい姿をイメージしてみましょう。

なりたい姿がイメージ出来ないと、目標が立てられないため、抱負を考えるのも難しいです。

例えば「ダイエットをして体重を落としたい」とか「お金を貯めて車を買いたい」など、どんなことでも良いので、抱負を決めるためにはなりたい姿をイメージしておくことが大切になります。

方法3. 期限や数字を盛り込み、具体的な目標にする

なりたい自分がイメージできたら、それを達成するために期限や数字を盛り込んで具体的な目標を設定してみましょう。

例えば「お金を貯めて車を買いたい」のであれば、具体的な目標金額や、どのくらいのペースで貯金するのかなど数字を当てはめて考えてみる必要があります。

「1ヶ月に10万円貯金する」など、数字を盛り込むことで目標に具体性が出て行動に移しやすくなるのです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です