流行語大賞2020

「Dazzカメラ」JC・JK流行語大賞2020が明かしたその全貌とは!?

11月30日にJC・JK流行語大賞の中で「Dazzカメラ」がありましたね。

フィルムカメラ風に撮影できると話題になったカメラアプリです。シャボン玉と一緒に撮影することによってエモ写真が撮影できると女子中高生からの意見も多く聞かれました。コロナ禍で公園で遊ぶことが多くなった女子高生たちが自分なりにアレンジした青春写真を撮影する際には欠かせないアプリとなったようです。

「Dazz-フィルムカメラ」とは、今最高にエモい写真が撮れると話題のカメラアプリです。InstagramやTwitterといったのSNSで、インパクトのある写真や、ノスタルジックな雰囲気の写真を撮って投稿したい人におすすめです。

この記事では、そんな写真加工アプリ「Dazz-フィルムカメラ」の使い方や、レトロでおしゃれなカメラやフィルムの種類を解説します。周りから注目されるおしゃれで最高にエモい写真を撮りたい人は必見となっています。

レトロ調/ビンテージ風に写真が撮れるアプリ

「Dazz-フィルムカメラ」は、レトロな写真加工が特徴のおしゃれなカメラアプリです。「Dazz-フィルムカメラ」内のいろんな種類のカメラやビデオを選択することが出来て、カメラ以外にレンズも選択可能です。

このレンズで、焦点を合わせて周りをぼかしたり、丸いガラスから覗いた様なフィッシュアイ(魚眼レンズ)を再現した写真を簡単に撮影出来ます。まるで本物の一眼レフカメラのように、カメラボディとレンズを組み合わせて撮影するようなアプリとなっています。

最高にエモい?

「Dazz-フィルムカメラ」では、カメラによっては追加でフィルムを選ぶことも可能で、よりノスタルジックな色合いにしたり、逆にレトロな白黒写真にすることも出来ます。

写真が好きな人でも、こだわりを表現して最高にエモい一枚を撮影出来るカメラアプリとなっています。

「Dazz-フィルムカメラ」があれば、スマホでいつでもおしゃれな雰囲気の撮影が可能なので、思い立ってすぐに自分のこだわりを込めた最高の1枚を撮ることが出来ます。

忠実に再現されていて雰囲気のある写真に仕上がる

「Dazz-フィルムカメラ」は、80年代のレトロなフィルムや、ヴィンテージのカメラを忠実に再現しており、実際の機種名も表示・再現されています。その為、当時の雰囲気のある写真に仕上げることが出来ます。

おしゃれなフィルターをかけた写真が作れる

「Dazz-フィルムカメラ」ではおしゃれなフィルターをかけた写真が作れます。「Dazz-フィルムカメラ」には13種類のカメラと、6種類のビデオ、そして3種類のカメラフィルターがあり、複数の設定を行うことが可能です。

その他、さらに5種類のレンズフィルターが用意されているので、自身の好みに合わせた画質や加工で最高にエモい写真の撮影が可能です。

主な特徴

「Dazz-フィルムカメラ」とはおしゃれなフィルターをかけた最高にエモい写真が作れるアプリですが、その使い方の前に、できることや主な特徴について解説します。

細かな設定ができる

「Dazz-フィルムカメラ」でできることの一つとして、細かな設定が可能な点が挙げられます。多種に渡るフィルターの他、カメラなども露光量などの設定が可能な為、最高にエモい写真の編集がしやすくなっています。

当時の機種ごとの味わいを再現している

「Dazz-フィルムカメラ」でできることの一つとして、80年代風の加工が挙げられます。「Dazz-フィルムカメラ」でできることは、当時の機種ごとの味わいの再現です。80年代のレトロなフィルムやヴィンテージカメラをとても詳しく再現しています。

無料で使える機能も多い

「Dazz-フィルムカメラ」では無料で使える機能も多いです。特に「Dazz-フィルムカメラ」には2重露光効果が標準搭載されていて、これを用いて2枚の写真を重ねた最高にエモい写真を撮影することが可能です。こちらも無料となっています。

あらかじめ好みのフィルムカメラを設定しておくことで、2重露光効果で撮影した写真でもフィルム風に仕上げることが可能です。この無料の機能も、スマホのシャッターボタンを連続で押すだけで使える為、誰でも簡単に2重露光写真を撮影することが出来ます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です